ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

耳鳴りにならないために、排除したい”6つのS”とは?

耳鳴りにならないために、排除したい”6つのS”とは?

 みなさんは”耳鳴り”に悩まされてはいないでしょうか。高音、低音そして耳閉感。気になり出すと不快で仕方がない耳鳴り。慢性的な耳鳴りの大きな原因は、睡眠不足や体と心のストレスによって、自律神経の機能が低下することにあるそうです。

 耳鳴りで悩む多くの患者さんを診察してきた石井正則さんは、本書『耳鳴りがスッキリする呼吸がわかった』のなかで、耳鳴りを低減させるための呼吸法や自律神経の整え方、ストレスをコントロールする生活法を伝授。

 たとえば耳鳴りを低減させるための呼吸法の一つとして、胸式呼吸ではなく”腹式呼吸”を試みることを提言しています。

「耳閉感や低音性の耳鳴りの増悪を呼吸で軽減するには、横隔膜をいかに大きくゆっくりと動かせるかが重要になります。というのも、横隔膜がゆっくりと動いて吐くことで副交感神経が働き、自律神経のバランスが安定化し、体も心も本来の働きを取り戻すことができるからです。浅い胸式呼吸では横隔膜が十分に使われず自律神経も不安定になるのです」(本書より)

 また、自律神経の乱れを防ぎ、耳鳴りを引き起こさないためにも、日常生活において”6つのS”を排除することが大事だと石井さんは説きます。その6つのSとは、タバコ(Smoke)、塩分(Salt)、不眠(Sleepless)、闘争心(Struggle)、焦り(Speed)、ストレス(Stress)。それぞれの理由について、本書のなかで次のように説明しています。

タバコ:タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ、血液の循環を悪くする。内耳や脳の血流障害は耳鳴りと深いかかわりがある

塩分:塩分の摂り過ぎは高血圧の原因となり、脳血管障害をはじめ、耳鳴りや難聴を誘発することもある

不眠:睡眠不足は耳鳴りや難聴を引き起こしたり、症状を悪化させたりする原因となる

闘争心:誰かに激しい闘争心を燃やしたり、奮闘し過ぎたりするとストレスや疲労がたまり、耳鳴りや難聴を発症させる引き金となる

焦り:いつも時間に追われ心にゆとりがなくなると、ストレスがたまる。耳鳴りや難聴の改善・予防には、一度心をニュートラルな状態に戻すこと

ストレス:耳鳴りや難聴の大敵はストレスと心得ること

 ときに耳鳴りは、加齢性難聴、急性低音障害型感音難聴(低音部型難聴)、突発性難聴、メニエール病、聴神経腫瘍などが原因となっていることも。たかが耳鳴りと油断せずに、急激に聴力が落ちたり、徐々に片方の耳が聞えにくくなった場合には、なるべく早く受診してみた方がいいかもしれません。

■関連記事

毎日の味噌汁で塩分過多はウソ!? カラダに優しい、その理由とは
食べると"風邪予防"になる野菜とは?
口臭を防ぐためにやっておくべき11の習慣とは?

BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy