ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本エイサー、『ICONIA Tab A500』を7月1日(金)に国内発売

日本エイサーは6月24日、Android 3.0(Honeycomb)を搭載した10.1インチAndroidタブレット『ICONIA Tab A500』を7月1日(金)より全国の量販店で発売すると発表しました。

メーカー希望小売価格3万9,800円という比較的安い価格の『ICONIA Tab A500』は、10.1インチWXGA(1,280×800)ディスプレイ、NVIDIA Tegra 2デュアルコア1.0GHz、1GBのRAM、16GBのストレージ、背面に500万画素のカメラ、前面に200万画素のカメラ、マイクロHDMI出力、ステレオスピーカー、マイク×2(1つのはノイズキャンセラ)、ジャイロセンサー、USBホスト機能を提供するフルサイズのUSB出力端子、マイクロUSB端子、マイクロSDカードスロット(最大32GB)などを搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDRに対応。

OSはAdnroid 3.0(Honeycomb)で発売されますが、ドイツでは7月5日よりAndroid 3.1へのアップデートが配信されるらしいので、国内モデルも近いうちにアップデートされるのではないかと思います。

Source : Acer


(juggly.cn)記事関連リンク
Acer、ドイツ向けICONIA Tab A500対してAndroid 3.1(Honeycomb)へのアップデートを7月5日より配信開始
"Imerj 2-in-1 SmartPad”と呼ばれるデュアルスクリーン搭載Androidスマートフォンのデモ動画
LG、デュアルコア3Dスマートフォン「Thrill 4G」を今夏に米国で発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。