ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『秀丸』を使ってる人に是非使ってほしい超便利マクロ! 一瞬でショートURLになる?

秀丸で短縮URLマクロ

高機能テキストエディタ『秀丸(ひでまる)』といえばWindows3.1から存在するソフトウェア。サイトー企画が販売するエディタで、価格は4200円(税込)と少し値が張るように思うかもしれないが、1度支払うとバージョンアップして永久に使い続けることができるというサポート付き。

「メモ帳と何が違うんだ」「無料テキストエディタにも高機能なエディタは沢山あるぞ」と言う方は居るかもしれないが、今回は『秀丸』のマクロでしか実現できない便利な機能を紹介。
『秀丸』にはマクロと言う機能が存在し、指定されたスクリプトを読み込み高度なアクションを一瞬の内に処理させることが可能となっている。そんな中でもつい先日リリースされた『短縮URL作成マクロ V1.00』が非常に便利。昨今URLを短縮URLにするのがウェブでの流行なのか、どこもかしこも短縮URLだらけ。しかし『bit.ly』などにわざわざアクセスして短縮URLを作成するのは非常にめんどくさい作業。そんなときにこのマクロの出番だ。

マクロを『秀丸』に登録しあとはURLを選択してから実行するだけだ。するとどうでしょう! あっという間にURLが短縮URLになってしまうのだ。「Ctrl+1」などのショートカットに割り当てておけば更に使いやすさも倍増。

下記のURLは実際に短縮したURLと、その元のURLだ。マクロそのものは無料で配布されているので、『秀丸』を既に使っている人は無料でマクロの追加ができるぞ。

https://getnews.jp/archives/124478 ビフォアー
 ↓
http://bit.ly/lRDJ8R アフター

短縮URL作成マクロ

編集者・執筆者のための秀丸エディタ超活用術


編集者・執筆者のための秀丸エディタ超活用術

秀丸マクロ ポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)


秀丸マクロ ポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)

Canon EFレンズ EF-S60mm F2.8マクロ USM デジタル専用 マクロレンズ


Canon EFレンズ EF-S60mm F2.8マクロ USM デジタル専用 マクロレンズ

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。