ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『シリーズ 記者が見たヲタ的台湾旅行記』~第2回 食べ物~

2015-10-11 13.37.38 (2)_R

一流キャリアはもちろんのこと、LCCも就航する台湾。
気軽に行ける旅行先で大人気なのはすでにご存じだろう。
3泊4日の台北取材旅行で記者が見たヲタ的旅行記を、時系列ではなくカテゴリーに分けて紹介する「シリーズ 記者が見たヲタ的台湾旅行記」全3回。
シリーズは「乗り物」、「食べ物」、「宿泊・観光」というカテゴリーで紹介する。

なお、今回は現地取材でお世話になった『Dr.データ復旧』東京オフィスの渡辺さんが通訳と案内をしてくれた。

(参考記事)
 東京で対応できない場合は台北で! “HDDの病院”『Dr.データ復旧』台湾本社に行ってみた
 https://getnews.jp/archives/1189262

第2回は食べ物編。ツアー参加者の中には不評が伝えられる台湾の食。
見た目ではなく、日本人の口に合う、味で勝負の台湾の美味しいものを捜し歩く。

火鍋は辛くない

2015-10-09 19.47.30_R

いきなり看板で申し訳ないが、火鍋屋の人材募集看板。
日本語では「人材」と書くが、台湾では材木や材料の材ではなく、才能の才と書くところが面白い。
しかも募って集める募集ではなく、招いて募ると表現するのが、日本語と異なる。
聞いたところによると、台北の最低賃金は時給換算で100元とのことだから、最低賃金よりは少し高いということになる。

2015-10-09 20.19.36_R

日本でもおなじみの火鍋。
辛そうに見えるが、そんなことはなく見た目で判断してはいけないのが台湾料理だ。
日本人では苦手な人が多い香辛料はさほど多くなく、漢方薬系の材料が最初から入っているのが日本との違い。

2015-10-09 20.10.24_R

鉄瓶にお茶が入っていて、まずはお茶で一息つくのが台湾流の火鍋なのか。

2015-10-09 20.20.42_R

洗濯物のような肉と、写真手前はつくね。
台湾のつくねは、どこで食べても、ものすごく美味しい。
肉は肉の味、エビはエビの味がちゃんとする、まやかしのつくねではない。

2015-10-09 20.21.25_R

エビは台湾ではポピュラーな食材で、日本のように高くないのか、どんな料理でもふんだんに入っている。

2015-10-09 20.24.24_R

台湾の瓶ビールは漢字で「生」と主張している。

2015-10-09 20.24.45_R

肉の置き方にこだわりがあるのか、こちらは巻いている。奥のガラス急須はドライアイスが入ったただの演出。

2015-10-09 21.04.02_R

試験管に入った「飲むお酢」、と説明されたが、醸造酢ではなく少し甘い美味しい酢としか表現のしようがない。
こってり火鍋の後にはさっぱりして胃にもやさしい。ストローで飲む。

コンビニは日本語だらけ

2015-10-09 22.21.12_R

ホテル近くのセブンイレブンにあったおでん。
だけど、色は少し赤い。食べてないのでわからないが、ピリ辛なのかもしれない。

2015-10-09 22.22.41_R

リプトンのなんだかよくわからないコーヒー系の飲み物か。

2015-10-09 22.24.30_R

缶ビールは日本のブランドが大半を占める。

2015-10-09 22.27.11_R

おなじみカラムーチョ。漢字も当て字でカラムーチョと読むらしい。
日本のメーカーが進出しているから日本のおなじみブランドが多いのは当たり前として、日本語をそのまま使うのは理由があって、メイドインジャパンであることがわかるのだという。あえて平仮名やカタカナを残すことによりメイドインジャパンの質の良いものであることを暗に示している戦略なのだそうだ。また、台湾の人々も日本語が書いてあると安心すると聞いた。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy