「Yahoo!スパイク」と「Yahoo!アタック」って何?

access_time create folderガジェ通

『Yahoo! JAPAN』は日本を代表するポータルサイトのひとつである。そして、そこに掲載されている『Yahoo!ニュース』も絶大なアクセス数を誇る人気コーナーだ。『Yahoo!ニュース』は自社でニュースを書くことはないが、多くのニュースサイトに掲載されている記事を転載し、巨大なニュースポータルとしての地位を確立している。

もちろん、掲載する記事を『Yahoo!ニュース』が徹底して精査しているので、本当におもしろい記事、スクープな記事、重要な記事のみが掲載される。よって、『Yahoo!ニュース』のトップページに掲載される記事は微々たる数だが、掲載されたら最後、すさまじいユーザー数が記事の配信元に流入し、とんでもないアクセス数になる。

たとえば、A社のニュースが『Yahoo!ニュース』に掲載されると、同時にA社に対するリンクも掲載される。また、記事に関連したサイトやブログ、ニュース記事などのリンクも貼られるので、貼られたサイトにはとんでもない数のユーザーがアクセスすることとなる。

場合によっては、あまりのアクセス数にサイトに負荷がかかり、サーバーが重くなったり落ちたりすることもあるという。そんな状態を「Yahoo!スパイク」と「Yahoo!アタック」というのだ。

記者が『ブログ炎上 ~Web2.0時代のリスクとチャンス』を出版したことでも有名な、株式会社ゼロスタートコミュニケーションズ専務取締役の伊地知晋一氏にお話をうかがったところ、「Yahoo!ニュースにリンクが載ると、急激にアクセスがある。そのことをニュースサイトの ITmedia ではYahoo!スパイク、livedoor ニュースではYahoo!アタックと呼んでいました」とのこと。

リンクを貼られたニュースサイトやブログにとって非常にありがたい「Yahoo!スパイク」。当ニュースサイトもYahoo!スパイクにあやかりたいものである。

access_time create folderガジェ通
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧