ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

流行の最先端!(?) 『黒鬼ラーメン』を白トッピングで食べてみた @『まんぷく』相模原

m-siro12_R

前回、レポートした相模原にある『まんぷく』の『赤鬼ラーメン』ですが、噂によると”檄ヤバトッピングバージョン”もあるとの事。

と、言う訳で改めて『まんぷく』に訪れた次第で御座います。

『まんぷく』の公式サイトによればメニューには乗っていないのですが、言えば”白トッピング”も作るらしいです。

すでにトップ写真でネタバレしているので発表しますが”白トッピング”の正体は、なんと

「生クリーム」(しかもホイップ)

で御座います。まずラーメンにおける生クリームの是非を小一時間は問うべき案件でしょうか?

と、言う訳で前回は通常の『鬼ラーメン』の二倍の辛さ『赤鬼ラーメン』(700円)を食べたので、今回はなんとなく辛さ三倍の

『黒鬼ラーメン』(700円)

にしてみました。『黒鬼ラーメン』に禁断の白トッピング……嫌な予感しかしません。

「白トッピング下さい」 VS 「そんなトッピング知りません」

aka-10_R

生クリームと言えばケーキやパフェなどのイメージが払拭出来ない筆者ですが、逆にチーズが豚骨ラーメンに合うのならば、同じ乳製品つながりの生クリームの可能性もゼロではないかもしれない。

と、前向きな自分と慎重派の自分が協議した結果

「黒鬼ラーメン、白トッピングでお願いします!」

みたいなオーダーにまとまりました。するとどうでしょう? アルバイトの店員は

「何を言っているのか、分かりかねますが?」

みたいな冷たい反応…。そのまま店主の元に向かい「白トッピングとは?」みたいな感じで御座います。

「そんなに更新しているサイトじゃないから、もうやってないのか…」

みたいな残念感と、普通のラーメンが食べられる喜びが交錯し、良くも悪くも安心した筆者です。

するとどうでしょう?

黙々と他のお客さんのラーメンに集中していた店主がコチラを振り向き

「ありますよ!!」

みたいな満面の笑みで答えてくれました。その笑顔の中身は恐らく

「超久しぶりの白トッピングだぜ!ヒャッハー!!」

が半分で、残り半分は

「ついに白トッピングを頼む漢が現れた!! ヒーハー!!!」

みたいな感じである事は間違いないでしょう。どちらにせよ、筆者にとってはロクなもんじゃありません。

しかし!

満面の笑みとドヤ顔がミックスされた店主の期待を裏切るのも無慈悲なので、ここはクールを装って

「お願いします!」

と言ってみた次第です。

どう見てもフォトショ職人の犯行としか思えない件

m-siro1_R

さあ、どうですか?

こんなん出ましたけど?

とりあえず『Photoshop』を使った加工画像にしか見えませんが、コレが現実に存在するのだから驚きです。

ちなみに筆者はさして辛いモノが得意な訳ではありませんが、チーズと生クリームで辛さが緩和される可能性の有無を考えてた結果、ネタ的にもココはひとまず『黒鬼ラーメン』をチョイス。

しかし、事の是非はソコじゃない予感です。

とりあえずラーメンに生クリームって組み合わせ……一体なんなんでしょうねw 突っ込みどころ満載過ぎて、逆にコレが普通に思えてきました。

ホイップの生クリームは熱で溶けるぞ!

m-siro2_R

そんなん誰もが知っている話ですが、あえて言ってみました。意味はありません。

とりあえず、グラフィックがヤヴァイですね。

生クリームのデコレーションが、何かしらの”おめでたい雰囲気”を醸し出していますが、まるで盛り上がらない筆者です。

m-siro3_R

そして、言うまでもなく生クリームなので、ラーメンの熱でどんどん溶けてしまいます……。

「これは早く食べた方が良いのだろうか?」

確実、箸が進む気がしないのですが、とりあえず食べるしかないので、頑張ってみましょう。

勇気を出して、いざ実食!

m-siro4_R

筆者のモチベーションが上がる気配は1mmもありませんが、とりあえず生クリームとスープを頂いてみましょう。

っていうか、完全に檄辛スープが生クリームに勝っているので、ほぼ生クリームは無かった事になっている予感です。

逆に、普通のラーメンとして普通に食べられる可能性が見えてきました。

m-siro6_R

次は麺に生クリームを絡めて食べてみましょう。

結果、これも生クリームは溶けてしまうので、さして生クリーム感に悩まされる事はありませんでした。

「これは勝つる!!」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy