ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニコミュ『ココロ』石沢克宜インタビュー「機械は自分の友達になる」

石沢克宜さん

4月29日より、ニコニコミュージカル(通称:ニコミュ)の第4弾『ココロ』が上演される。 この作品はトラボルタさんにより作られたオリジナル曲『ココロ』を舞台化したもので、2009年に水戸市芸術祭、2010年には新宿シアターサンモールにて上演され好評を博した。 今回はその『ココロ』の脚本・演出を手がけた石沢克宜さんにインタビューを行い、その人となりを聞いた。

-まずは石沢さんの略歴を教えて下さい。
演劇もやっていたんですけれど、元々PC系のライターをやっていまして。 最初のころは雑誌のムックとか、紹介本などをやっていました。 96年、97年のWindowsの黎明期頃の話です。 で、その頃って某レコード会社にいたんですよ、3年くらい。 そこでゲームの製作と広報をやっていて、ライターも仕事もちょこちょこやってて、っていう生活をしてましたよ。

-もともと編集マンになりたかった?
もともとは、……なんですかね。 でもライターの仕事は楽しかったですね。 演劇はですね、水戸市芸術祭演劇フェスティバルっていうのがありまして、今年は地震で中止になっちゃったんですけど、年に一回くらいそのイベントで色々と携わっていたんです。そのときに寺門(『ココロ』に出演している寺門文人さん)とかにも役者で出てもらっていて。 彼は彼で東京で細かい劇団の活動をやっていたんですけど、その時は「一ヶ月来てくれ」って水戸に呼び戻したんです。 そんな感じでやっていましたね。 その企画の1つとして『ココロ』の舞台をやったんですが、そのあとに水戸のコミケの一環として『ペテン師』(『ココロ』と同じくニコニコ動画の有名曲『ペテン師が笑う頃に』のこと)を実験的に上演してみました。 ちっちゃいギャラリーみたいなスペースだったんですけど、広い階段がありまして、そこを舞台に上演したんです。

-色々とやっているんですね。
時間軸的には、某レコード会社に入る前後で水戸の芸術祭に関わり始めて、サラリーマンをやりながら年一回舞台をやって、その時にちょうど寺門(文人)が出たりとかしてて。 で、
会社を辞めたのが98年くらいなんですけど、その間もライターとかしていましたね。 そこから2000年までは水戸の活動をガッツリやっていました。 その後からは映像編集の仕事もチョコチョコやっていまして……。 なんなんですかね、わかり難いですね(笑)

-今はどんな感じなのでしょうか。
今は幸いニコミュをやらせて頂いたりしているので、”脚本を書いて演出をする人”として、今年一杯は頑張っていこうかなと思っています。

石沢克宜さん2

-先ほど、お名前も出ました、寺門さんとの出会いは?
寺門が高校生の頃ですよ。彼は高校の後輩で演劇部をやろうとして、どうやっていいか分からず先生に聞いたところ「OBに水戸で芸術祭をやっているやつがいるからそっちいけ」と投げられまして、尋ねてきたので「じゃあ出ればいいじゃない」と。

-立ち位置としては演劇人?
あんま演劇人じゃないです(笑) どっちかっていうとそっちからは「違うんじゃないの?」と扱われる。 相手にされない(笑) あと映像もちょこちょこやっていたり。 あれはたまたま暇な人がいっぱいいたんで。

-映像を使った演出があるのも、映像の下地があるからですか?
そうですね。でも最近の演劇も映像を使っていたりもしていますよね。 ただ東方(ニコミュ第2弾『ニコニコ東方見聞録』)の時は映像を作って映写するチームと現地で中継するチームとニコ動で(生放送を)送り出すチームと3つチームがあって、結構大変でしたよ。 さすがにそこまでは(他の芝居では)ないんじゃないかな、と。 普通の演劇でも中継とかは入るでしょうけれど、中継チームに劇中のぽこたさんとかが客席へ入ってくるのをハンディで追うとかもやってもらっちゃったり……。 そう考えると、中継チームじゃない仕事もやってもらってるなぁ。

-今回もそういう仕組みは?
考えたんですけどね、元々既にストレートプレイとして上演しているので差し込みにくいかな、と。 オープニングムービーは前回もやっていたんですけど、今のところはそのくらい……。 あと実現するか分からないんですけど、劇場中継って客席側にカメラを設置するじゃないですか。 それプラス、ステージ上にCCDとかであっちこっちにカメラを仕掛けて、例えば後ろ側から客席に向けた映像とか、あと役者が後ろ向いたときにその映像を拾ったり、そういう切り替え方とかはニコ動ならではかな、と。

-『ニコニコ東方見聞録』では、百花繚乱さんが舞台上で生放送をしていましたね。
あれは私的にも感動でしたね。 初めての試みだったので。 舞台側から見る画ってなかなか見る機会がないじゃないですか。 なので、あれは今回の『ココロ』でもちょっとやりたいですね。休憩時間にちょっと繚乱になんかやってもらおうかな(笑) ただ、これは決定じゃないので、やれればOKですし、やれなかったら「ああできなかったな」と思って下さい(笑)

-演劇の世界は型を破ろうとする反面、「こうあるべき」という主張もありますよね。 こういった演出はアリなんでしょうか。
それは人によるんじゃないですかね。 あんまり…(少し考え込んで)言いにくいなぁ(笑) どうなんでしょうね。 そういう演劇事情に明るくないんですけど……、でも、昔やった舞台が劇作家協会の新人賞の最終選考に残ったことがありまして。 (最終選考で)劇作家の偉い人たちが審査をするんですよ。 その審査が公開で、紀伊国屋ホールかなんかで客席から見えるんですよ、そのやいのやいの言っているのが。その時に丁度書いた作品が「ウルトラ警備隊」という基地の話でして。 それを「SFだ」って理由だけで相当叩かれましたからね。

-それだけの理由で?
それだけですよ。 「SFは嫌いだ」って言う人もいるし、なんか分けわかんないとか言われて。 ウルトラマンとかセブンとかあの辺の知識の下地が全くない方たちが多かったので多分そういうこともあるんだろうと思うんですけど。 でも、演劇とはこうあるべきだと思っている人達もいるだろうし、そこに入り込めない作品っていうのは駄目っていうのは多少あるのかなって気はしますね。 ……直接被害をこうむったのでちょっと恨み言をね(笑)

1 2 3次のページ
ひげおやじの記事一覧をみる

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy