ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

目指せ完食!!汗と涙と胃もたれの大食いチャレンジ&リベンジ!!金沢ゴールドカレー

IMG_03866

筆者は富山県に住んでいますが、「富山ってどこだっけ?」なんて言われるのはまだいい方で、「えっと、金沢県富山市だっけ?」なんて声も稀にあったりなかったりですが、今回はそのお隣の金沢に行ってきました。

金沢カレー

最近あちこちのメディアで『金沢カレー』というジャンルが取り上げられ、世間の認知度も上がってきたようですね。

金沢カレーにはハッキリとした決まりはいようですが、
・カレールーの色が濃く、味も濃厚でドロっとしている
・ソースのかかったトンカツが乗っている
・フォーク、または先割れスプーンでいただく
・千切りキャベツが乗っている
・ステンレス皿に盛り付ける

というのが共通事項のようで、金沢ではいくつかの老舗のカレーチェーン店にこれらの特徴がみられます。

ということで、B級グルメとお酒をこよなく愛する軍団『チーム激安王』のメンバーが今回行ってみたお店はここ。

IMG_0348

石川県金沢市藤江北にあるゴールドカレー本店です。

ゴールドカレーを選んだ理由

このお店にはチャレンジカレーというものがありまして、『2kgのカレーを15分で完食すると無料』など、大食い自慢が集まるお店でもあるのです。

IMG_0369

4kgで永久無料。6kg以上だと賞金までつきます。
しかし10kgって……普通の人だと胃袋破裂しちゃいそうですね。

この頃、メンバーのT井氏が『ゴーゴーカレー』のワールドチャンピオンカレーに挑戦するなど、あちこちで大食いにチャレンジしていて、「どうせならタダになったほうが得だよね」というノリで、じゃあゴールドカレーに挑戦してみようじゃないかという話になったのでした。

8918

参考画像『ゴーゴーカレー』ワ-ルドチャンピオンクラス総重量2.5kg

ゴールドカレー チャレンジ編

事前にT井氏がお店に電話を入れてまして、6人で行くので席の予約をしたことと、そして2kgというのはご飯とカレーを含んだ重さであることに間違いないかということを確認していたのでした。さすが、T井氏は出来る男ですよ。

待ち合わせ場所から車で5分。
店の入り口にはカレーのサンプルが飾ってありました。

IMG_0350

でかっ!!まるで巨大な古墳のよう……
これで2kgのようです。
今回一緒に店に訪れた6人の中で、実に半分の3人がチャレンジカレーに挑戦する予定でしたが、残念ながら同時には2人までしかチャレンジできないとのことでした。特別な大きさのステンレス皿を使うということなので、そのお皿が2枚しかないとのことです。なので、今回の挑戦は2kgが2人ということに。

チャレンジメンバー紹介

Mr.駆け出しフードファイター T井

img1440900342858

威勢のよさナンバーワン。『ゴーゴーカレー』の総重量2.5kgもあるワ-ルドチャンピオンクラスに過去3度も果敢に挑むなど、我々の中では一番のやる気勢。
なお、ワ-ルドチャンピオンクラスを完食したことは一度もない模様。

Mr.デビルリバース こーう2号

img1440900333531

まったくカタギに見えません。
「街中で見かけたら目線を逸らしつつ、ごく自然に大きく避ける自信がありますね」とは筆者談。
デビルリバースとは、自分の意思でいつでもリバース可能という特異体質によるもの。※お食事中の方すいません

チャレンジカレー到着

目の前ではカレーを作っているところが全部見えます。量りの上にやたらでかいステンレス皿を乗せて、ステンレス皿の上にご飯を敷きカレーを乗せ綿密に重さを調整する工程を見ますと、自分が食べるわけじゃないのに緊張感が増してきます。周囲のお客さんのスプーンも思わず止まろうというものです。店内一同の視線がそこへ集中していました。

さあさあ、いよいよカレーがやってきましたよ。

start

この色の濃さ!!この濃さはまるで、こーう2号氏の車のガラスの色を彷彿とさせます。
そして何よりこの量!!

kohu2

両側2kgに挟まれた普通サイズのカレーが、まるでアリエッティの食べるカレーのようです。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy