ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 映画『マンデラ』のジャスティン・チャドウィック監督、アンソニー・マッキーが出演するジョニー・コクランの伝記映画の監督へ
  • 英国王室3部作! ロイヤルファミリーの素顔を描いた作品は良作揃い
  • オール・アジアン・キャストの映画『クレイジー・リッチ!』が全米V3達成 この勢いは本物だ!
  • 『バイオハザード:ザ・ファイナル』監督インタビュー「ケルベロスが50匹くらい一気に登場するよ! 最高だよね!」[ホラー通信]
  • 【動画】エマ・ワトソン、実写版映画『美女と野獣』で名曲『朝の風景』を歌う
  • NYから世界へ!『わさび』『私とわたし』他、日本の短編映画15作品がマンハッタンで上映
  • 【動画】T・J・ミラー、映画『The Emoji Movie(原題)』の宣伝のためにパラセイリングでカンヌへ
  • 岡村靖幸も大ファンを公言する映画界の鬼才ホドロフスキー 『スペース☆ダンディ』チームからのコメントも
  • 第73回ゴールデングローブ賞:15の冷遇と驚き
  • 『ミュータント・タートルズ』ミーガン&ウィルインタビュー「続編にはあの人気キャラが登場するはずだよ!」
  • 「今日のエスコバル」第8回:エスコバルの大失恋。
  • デップーの手乗りフィギュアを手に入れよう! 『デッドプール2』IMAX限定の入場者プレゼント
  • ジャッキー・チェン主演の中印合作映画『Kung Fu Yoga(原題)』がドバイで撮影を開始
  • まるでプロの犯行! 映画『インセプション』のMAD動画のクオリティが高すぎる
  • 【動画】映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』、最新トレーラーがスーパーボウルで公開
  • トム・ヨーク、映画『007 スペクター』で不採用だったレディオヘッド版テーマソングを公開

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

台湾がチャリティー番組で40億円の義援金が集まる 「ありがとう台湾!」と感謝の声

相信希望 Fight & Smile

親日国家の台湾が3月11日に日本で起きた地震に対してチャリティー番組を行い、その番組を通じて集まった義援金が40億円(15億元)に達したという。台湾は日本と近いことから親身になって心配してくれているとのこと台湾の人口は2000万人。この短期間でこんなにも義援金が集まったのは異例のことだという。とても嬉しい話だ。
この義援金は台湾赤十字を通じて日本に送られるとされている。

それを知ったネットのユーザーも感動しているらしく以下のように意見を書き込んでいる。

・相当出来のいい番組だったんだな
・為替とか考えたら、マジどれくらいなんだよ……
・台湾優しい通り越して愛だな
・どんだけ人が良いんだよ……逆に申し訳ないわ
・恩を感じるなら台湾製品買え
・日本は利益度外視でこの国と付き合っていくべき
・こういうのはきちんと報道してほしい
・これマジなん?マジならソース出せ、全力で感謝するが

信じられないだろうが上記の書き込みは2ちゃんねるに書かれていたもの。匿名掲示板では珍しく台湾に感謝の書き込みで溢れている。

数日前までは20億円(8億元)とニュースになったばかりだが、既に倍の40億円となっている。もちろん義援金は金額が多ければ良いという物では無い。さらに台湾以外の国も沢山の支援や義援金を日本の為に集めてくれているのだ。この短期間で40億円を集めたチャリティー番組での活動に感動し、これを知った日本人は義援金の集まりに驚きを隠せないようだ。

番組の動画は公式サイト、またはYouTubeにて観ることができる。

相信希望 Fight & Smile(動画あり)
15億元の義援金(Yahoo!台湾)

■関連記事
坂口博信さんが被災地を励ます『Pray for you』を作曲 坂口氏自身がコーラスを担当
地震被災者へコスプレイヤーからの祈りの数々 「Prayers from Cosplayers」
【まとめ】震災後に値下げ(無料化)されたiPhoneアプリ集
『MapFan for iPhone』2300円を31日まで無償提供 電波が使えなくても閲覧可能
アイレムのエイプリルフールはやはり中止に 毎年の恒例行事が……

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。