ミュージカル『ニコニコニーコ』の稽古場の様子 主演ニーコと演出・脚本・音楽湯澤幸一郎にインタビュー

access_time create folderエンタメ
ニーコさんと明坂聡美さん

3月17日から3月27日まで公演が行われる、ニコニコミュージカル第3弾『ニコニコニーコ』の稽古を取材してきました。本番が1週間前に迫った稽古場の様子、脚本・演出・音楽の湯澤幸一郎さんと主演のニーコさんに本番直前インタビューを行いましたので、写真と共に紹介していきます。※全ての写真を見るにはこちらから(https://getnews.jp/archives/103062)

ダメ出し中

『ニコニコニーコ』は、ニコニコミュージカルの第3弾。主役のニーコさんの半生を表現した作品で、出演者が全員女性。そのほとんどがアニメ『家庭教師ヒットマンREBORN!』で声優をしていました。稽古場の入り口に行くと、元気な声が聞こえてきました。シーン練の真っ直中で、出演者の方々は実際に大道具を設置した状態で稽古をしており、本番一週間前の緊張感がピリピリと伝わってきます。ただ、出演者同士の仲が良い姿がたびたび見られ、緊張の中にも笑顔の絶えない稽古場でした。

稽古の終了後、主演を務めるニーコさんと、脚本・演出・音楽の湯澤幸一郎さんにインタビューを行いました。

稽古場の様子

-稽古の雰囲気は如何でしょうか?
湯澤:雰囲気は……個人的には切羽詰ってますけど(笑)、まわりは和やかに(稽古は進んでいます)。
ニーコ:もう、なんかテンションもかなりあがってきて。
湯澤:もうだってね、本当に1週間ないからね、稽古。

-もう稽古は最終チェックの段階ですか?
湯澤:いや、まだです。まだ脚本が書きあがっていないので。
ニーコ:あはははは!
湯澤:あと20ページ程なんですが。まぁ今まで前半部分は脚本が出来た分だけは飽きるほど通しているので、一幕は相当しっかり出来ているんですけど二幕はなかなか突貫工事の状態ですね。

ニーコ:お芝居については、湯澤さんの脚本・演出がニーコの全ての始まりなので、これが基本になっています。
湯澤:まぁこんなもんだよ、小劇場は。

気になるシーンですね

-今回、音楽も湯澤さん作ですが何曲くらいあるのでしょうか?
湯澤:8曲くらい。 凄く綺麗なバラードもあるし、一幕の終わりはかっこいいんだけど、馬鹿馬鹿しさも感じられる歌になっていて、(ここでニーコさんも含み笑い)色とりどりですね。

ギターを弾くシーンもあるようですね

-『ニコニコ動画』で生中継するという試み自体はどうお思いですか? 前作の『クリスマス・キャロル』をやってみて今までの芝居と差異は感じられましたか?
湯澤:私自身はなんにも違わないですね。 動画で生中継で観せていく演出家として、楽屋でそのコメントをリアルタイムの反応で見ていくというのは、とても面白いことだなぁとは思っています。でも、 稽古場で作っていく段階で、それが出来るわけではないので。『クリスマス・キャロル』でも あえて動画のコメントを意識した演出っていうのはしてないですし、今回もそれは特にないです。 一般的なお芝居としてきっちり作り上がればそれで十分だし、それが一番大切だと思っているんで、何も変わるところはないです。

-ニーコさんも『ニコ電』の放送に出演されニコニコ生放送は体験済みではありますが、如何ですか?
ニーコ:面白いと思っています。生放送でもテレビやラジオだと、こっちがアクションしてもお客さんに届くのが2・3週間後やったりタイムラグがあったりで、視聴者の声ってすぐには聞けないじゃないですか。それをニコニコ生放送だとリアルに本当に何時何分(という、その瞬間)のお客さんの声が聞けるっていうのが凄く好きです。

-以前の放送では、セクシーポーズで大量のいわゆる”弾幕”コメントを貰っていましたね
ニーコ:そうですね、あれがニーコの全てだと思います。
湯澤:え、そうなの? 適当なこと言ってんな(笑)
ニーコ:あっはっはっは!

ニーコさん

-今回の芝居はニーコさんの半生をファンタジックに描いた物語となっていますが、どのくらいエピソードが含まれているんですか?
湯澤:99%事実ですね。
ニーコ:(声を一段上げて)えー!? 違う! ホンマに違う! もー、いややし、ちゃうし(笑)。 ニーコも最初はそう思っていたんですけど、稽古をやればやるほどファンタジーの方が上回ってきた気がします

演出をしている湯澤幸一郎さん

-他の方も過去のバックボーンを取り込んでいるんですか?
湯澤:そうですね、それは観客が分かる分からないに関わらず、こっそり本人のネタを入れたりしていますね。 それはただ無意味に入れているんじゃなくて、流れ的に面白いことや意味がある・それなりにバックボーンとして設定する意味がある場合にだけ入れています。なにか変に「それ面白いから」ってだけでやっちゃうと単なる楽屋落ちというか内輪受けに終わっちゃうので。 あくまでもお客さんが感じる楽しさに貢献する形で取り込んでいますね。

1 2次のページ
access_time create folderエンタメ

樹堂

TwitterID: judo_o

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧