ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

ネットで使える立ち回り方をきいてみた ロンブー田村淳『35点男の立ち回り術』著書インタビュー

IMG_5316_f

テレビ番組『ロンドンハーツ』をはじめとした人気番組のMCを務める『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳(たむら・あつし)さん(以下、淳さん)。そんな淳さんの著書『35点男の立ち回り術』が6月23日に日経BPマーケティングより発売しました。著書では淳さんの人生を通して得た処世術ともいえる立ち回り方法が、どーんと大公開。人付き合い下手な人必見の内容です。

そして今回、ガジェット通信では、著者・田村淳さんに直接「いますぐ使える立ち回り術」や「ネットならではの立ち回り方」などを伺ってみました。

幼少期の頃からの生い立ちまでも激白『35点男の立ち回り術』

――― 本書を執筆されたきっかけを教えてください。

田村淳さん(以下、淳):もともと、『日経エンタテインメント!』で連載コラムをしていたんですね。書籍化の際、自分としても連載(コラム部分)をまとめただけで本になってる、なんてのはすごくイラつくんですよね(笑)。「このままは出版したくない」、「少しでも連載じゃない部分が無いと本にしたくない」という気持ちがありました。

IMG_5296_f

淳:そこで、どういう人間がどういう思考のもと、いままでの連載のことをいってるのか、僕の幼少期の頃からのどういう生い立ちを経てこんな男になってしまった、等が加筆され、本書出版となりました。

「5冊あげるよ」のリツイート効果が凄い! ツイッターでの立ち回り術

――― インターネットを使っての立ち回り術について、これはカンタンだからやったほうがいいよ、という方法などありましたら教えてください

淳:あっ、本に追記したいぐらいの内容がありますよ! 本を出版するとき、宣伝のツイートするじゃないですか。ただ宣伝のツイートするだけだと、みんなリツイートしてくれないんですけど、「この本をリツイートしてくれた中から5冊あげる」といったら、何千倍ものリツイート数なんですよ。

ツイート内容

淳:たった5冊提供するだけ。みんな得がないとリツイートしない時代に入ってきているので、よっぽど斬新な言葉とか共感を得る言葉はリツイートされるのですが、宣伝とされることに関しては、何かメリット与えてあげないと。

――― 5冊だけですごいリツイートだったのですか?

淳:『テレビで5冊プレゼントしますよ!』より、断然広告価値が高いと思います。実際にすぐ送るんで。リツイートした2日後に本が届くよう手配しました。「これですね、淳さんの立ち回り術!」と、連絡もらって、そうそう、こういうことって(笑)。これは気持ちよかったです。

IMG_5318_f

淳:こっち側の思惑としては「本が当たるのならリツイートしようか」という人がこんなにいるんだ、というのが本書を出版して垣間見れて、まだまだツイッターは活きたツールだな、と。

怒りは個別に消火活動しよう! 飲食店経営者はLINE@を今すぐ取り入れて

――― さまざまなSNSを使っての立ち回り方が本書で紹介されていましたが、タイプ別に合った立ち回り方などありますか?

淳:仲間うちで友達とやりとりしたい人はフェイスブックのほうが向いてるし、ツイッターは身柄を隠して、言いたいことを言い合う(笑)ツール。拡散能力は圧倒的にあるんで。LINEは、1対1のやりとりのツール。僕みたいに公式『LINE@』とかある場合は沢山の人に向けてですが。

IMG_5322_f

淳:飲食店の人は『LINE@』はすぐ取り入れたほうがいい。お店の情報とか、クーポン券を発行できるのと、顧客と1対1のやりとりができて、こまめなクレームとかをLINEでぱっとひろって、ぱっと謝っちゃえば、そんなにツイッターで書かれて拡散されて火がつくということはないんで。個別に怒りの消火活動が『LINE@』を使ってできますよ。

電話で仲良しに!? 個別の怒りへの消火活動の大事さ

淳:この前、ツイッターで政治的なことつぶやいたら「お前ごときが政治的なことをつぶやくな」みたいな連絡がきたんです。すぐに「言いたいことあるんだったら電話番号を教えるんですぐ言ってください」とDM送ったら、かかってきたんですよ。

IMG_0956_f

淳:話してみたら、政治のことにすごく詳しい方だったのですが、「ほんとに淳さんが電話に出るとは思わなかったし、僕の言葉づかいが悪かったのは謝る。だけど僕の意見きいてほしい」て言って、15分くらいそこから付き合ったんですよ。その後もう、仲良しになったんで。僕の“敵”だった人が、10分~15分話しただけで仲間になったんですね。

1 2次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき