ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[Alexandros]川上洋平 『ALXD』インタビュー

alxd_13

世界一のバンドになることを公言して、インディーズ・バンドにして、2014年に初の武道館公演を行うまでに上り詰めた4人組バンド、[Alexandros]。その活動のフィールドをメジャーに移した彼らのメジャー・ファースト・アルバム『ALXD』は、多彩な音楽性をメロディアスな楽曲に集約したバンドにとって、さらなる飛躍となる作品だ。この入魂の作品を前に、ヴォーカル、ギター担当にして、ソングライティングを手掛けるフロントマンの川上洋平に、バンドの過去、現在、未来について、話をきいた。

 

――前作アルバム『Me No Do Karate.』から2年弱。その間、初の武道館公演とバンド名の改名、そして、2014年末にメジャーとのグローバル契約を結ぶという大きなトピックが続きましたが、そうした一連の流れを振り返ってみていかがですか?

川上「バンド名改名に象徴されるように、この2年間はバンドの様々な部分を一新するタイミングだったのかもしれないですね。スタッフはもちろん、お客さんも新鮮に捉えてくれたと思います。ただ、その一方で当事者の僕らは結成15年目、初めての作品から5年が経っているバンドですから、自分たちにとっては、あまり節目の意識はないというか、その活動は途切れることなく、地続きなものだと感じていますね」

――そんななか、ニューアルバム『ALXD』は時間をかけて、レコーディングを行ったそうですね。

川上「自分たちの音楽をただ単に勢いのあるものということではなく、もっと、しっかりした中身にしなきゃなと思って、アルバム制作に臨んだんですけど、そう考えながら、自分たちがやってることを俯瞰して見られるようになった気がしますね。今回は前作から2年という長いインターバルがあったので、実際の作業の流れとしては、一回、デモを作ってから、冷静にそれを見直す期間を設けて、その曲が自分たちにとって本当にいいと思えるものであるかどうかを確認したんです」

alxd_1

 

alxd_3

 

 

alxd_2

 

 

alxd_6

――今回の作品は、[Alexandros]が持つ多彩な音楽性が反映された作品ですよね。「Adventure」や「ワタリドリ」のようなポップな曲から「Run Away」や「Oblivion」のようなダンスビートが立った曲。はたまた、ライヴ映えする「Dracula La」や「Droshky!」といった曲まで、多様な表現は意識的に盛り込んだんですか?

川上「もちろん、このアルバムはバンドの多彩な側面を表現したかったということもあります。ただ、それ以上に、自然と生まれる多彩さを隠さず、そのまま見せることに、ためらいがなくなったんだと思います。どういうことかというと、例えば、「ワタリドリ」という曲は、自分のなかで『すごい曲が出来たな』という手応えがないまま、作ったものなんですよ。でも、この曲のデモをメンバーに聴かせたら、『これ、すごくいいじゃん!』って言われて、半信半疑のまま、バンド・アレンジを完成させて、ライブで演奏してみたら、すぐにライブの人気曲になったんです。そういう経験を踏まえて、無理に考えて作らず、出てくるままに曲を形にしたほうがいい曲になるのかもしれないって思ったんです」

――生のまま、素のままのメロディを極力活かした曲作りを行った、と。

川上「そうです。今回はピアノから作った曲が増えた一方で、この2年間はポップな曲が沢山生まれたので、その反動でレコーディングの後半はほんとにわずかなアイディアをもとにセッションで曲を作ったんです。「Boo!」とか「Famous Day」はそうやって出来た曲ですね。ただ、自分たちのやっていることを俯瞰で見ようと心がけつつ、自分のことだったり、自分の曲を客観視するのはすごく難しいんですよね。自分がいいと思っていて、人はそう思わないこともあれば、その逆もあったりしますし、そういう意味で、いい曲につながっていく可能性を見逃したくなかったので、自分だけじゃなく、4人のメンバーが判断を下す感度の高さは、このアルバムにおいて非常に大事なポイントでした」

――そして、作った曲をアレンジする際にはどんなことを意識しましたか?

川上「何も考えずに作った素の状態の曲をどう料理するのか。そのアレンジの作業に力を入れるために、今回はメンバーだけじゃなく、過去にMr.ChildrenやSalyuさんを手掛けてきた森安(裕之)さんというアドバイザー的な方を迎えたんです。そして、それこそ、武道館やアリーナ、東京ドームのような大きな会場で、一番いい形で音を鳴らすにはどうしたらいいかということを含めて、アドバイスをいただきましたね」

alxd_5

 

alxd_4
1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy