ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

焼肉屋さんで『つけ麺』(800円)を頼んだ結果… @小田急相模原『焼肉はせ川』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

さて、すでに「月刊 焼肉はせ川」となりつつあるレポートですが、今月もやってくれました。

まず『焼肉はせ川』について軽く説明しておきますと、神奈川県相模原市の「小田急相模原駅」から徒歩20分ほどの、住宅街にある奇跡の焼肉屋さんです。

ちなみに「完全予約制」なので、いきなり訪れても100%入れないと思って下さい。

あと土日は99%常連さんで予約が埋まっているので、まず予約出来ません。

普通、予約と言うのはコチラの都合で指定するのが一般的ですが、常に予約で一杯な人気店の場合は、店に合わせるしかありません。

そんな敷居の高い『焼肉はせ川』の魅力とは一体なんなのでしょうか?

今回は、その謎に迫ってみましょう。

『厚切りミスジ』(1580円)

牛の肩部分にある「ミスジ」が『焼き肉はせ川』ではイチオシの部位です。

1頭の牛から少量しか取れない希少部位で非常に高価ですが、それを「厚切り」にして贅沢に頂きます。

とにかく『焼肉はせ川』の実力を知るなら、まずは『ミスジ』を食べてみて下さい。

『特選ヒレ』(1580円)

さらに『ヒレ』もオススメです。

本来『ヒレ』は脂が少ないのですが、実は『焼肉はせ川』の場合、この『ヒレ』は最高ランクのA5和牛を使う事が多いので、普通の『ヒレ』とは訳が違います。

そして、この盛り付けは一体…

日本一「前衛的な焼肉屋さん」と言っても、過言ではないでしょう。

『ザブトン』(1580円)

『ザブトン』は名称からして「お尻のお肉」と思われがちですが、実は肩ロースに近い部位です。

『ミスジ』や『カルビ』よりも脂は少ないのですが、肉質が柔らかく旨味があるので、脂が少ない分だけ「牛肉の旨味」が味わえます。

上タン(980円)

誰もが知っている「牛の舌」です。これも普通の焼肉屋さんと違い、かなり厚くスライスしているのですが、非常に柔らかくなっています。

とにかく「牛たんマニア」にはイチオシです。

ちなみに『焼肉はせ川』には『並タン』もありますが、サシが少ないだけで味は、ほぼ同じです。

『ハラミ』(650円)

『ハラミ』は牛の横隔膜で、実はホルモンの仲間になります。

サシ(脂)がほとんど無いのですが、柔らかく味も上品なので「焼肉マニア」に人気があるメニューです。

『焼肉はせ川』の肉は「上質のサシ」が入っていて美味しいのですが、あまりサシが入っている肉を連続で食べると、ちょっと有り難みが薄れるので、途中で『ハラミ』をワンクッション入れると良いでしょう。

ちなみに『焼肉はせ川』の写真は、すべてが「一人前」です。

このボリュームで、このお値段… 恐るべし『焼肉はせ川』

馬刺し(650円)

ここまでサシの入った上質な肉ばかり食べていると、流石にサッパリした肉を食べたくなります。

そんな時は、この『馬刺し』を食べましょう。

『馬刺し』と言うと臭みがありそうなイメージですが、実は癖がなくヘルシーな赤身肉なのです。

最近は『馬刺し』も高いので、普通の店ならこの値段でこのボリュームは有り得ません。

『焼肉はせ川』の圧倒的なコストパフォーマンスを知るなら、この『馬刺し』は良い指標になるでしょう。

ちなみに『焼肉はせ川』では、20歳未満の人には『馬刺し』を提供出来ないので、御了承下さい。

『乙女牛 赤身肉』(980円)

そして今回の目玉がコチラの『乙女牛 赤身肉』で御座います。筆者も名前くらいしか聞いた事がないのですが「限定」なので食べてみました。

赤身と書いてあるのに結構サシが多いですねぇ。これは嬉しい誤算です。

筆者が軽くググってみた所「那須高原」で育てている雌牛らしいです。

ここで「雌」である事に注目した人は、焼肉マニアですね。

ちなみに、あの『松阪牛』は雌牛のみで、雄牛の場合は「三重県産黒毛和牛」となってしまいます。

『フルーツトマトサラダ』(500円)

あと焼肉を食べるとバランス的に「野菜的な何か」を欲する人がいますが、それは罠です。『焼肉はせ川』では

「ちょっと、つまみたい」

「頼んでおけば誰か食べるだろ」

「とりあえず2人前づつオーダー」

などの軽はずみな行為は命取りです。自重して下さい。

本当に自分は野菜を食べたいのか? そんなに葉っぱが食べたいのか? どうしてもビタミンや食物繊維が欲しいのか? 一人でやっつける事が出来るのか?

もう一度、良く考えてから「サラダ系」をオーダーしましょう。

とにかく大量のキャベツの千切りの上に、レタスやら生ハムなとが色々とONする勢いです。

写真の反対側には「マカロニサラダ」もあり、大皿に山盛りのボリューム満点サラダです。

ボリュームだけではなく、写真左手の「カボチャ」は滑らかに裏漉しされ、実に手間暇掛けた素晴らしい一品に仕上がっております。

ちなみに写真の『フルーツトマトサラダ』をオーダーした本人は、その圧倒的ビジュアルを前に

「もう、お腹いっぱい…」

を宣言した後、フルーツトマト数個と葉っぱを少々食べてギブアップしました。

完全にギルティです。

っていうか、フルーツトマトってそこそこ高価だったような気がしますが、この値段で大丈夫なのでしょうか?

味は確かに「フルーツ級の甘さ」があり、超美味しいトマトだったと言っておきましょう。

『キャベツサラダ』(100円)

それでも「サラダ的な何か」が食べたい人は、こちらの『キャベツサラダ』がオススメです。

まあ、コレでも一人前としては、如何なものかと思いますが、コレが一番軽いサラダですので御了承下さい。

『ポテトサラダ』(100円)

筆者のマストアイテム『ポテトサラダ』です。あまりサラダ系とは言えませんが、主に「箸休め」として優秀な働きをします。

焼肉屋であれば普通は「キムチ」が箸休めになるのですが、筆者はさしてキムチを欲していないので、ポテトサラダに安らぎを求めます。

『チーズとサラミの盛り合わせ』(600円)

そして酒のツマミに「チーズ的な何か」が食べたいとの事でオーダーしてみました。

これだけ見ると『焼肉はせ川』が、焼肉屋である事を忘れてしまいそうですね。

本格的な盛り合わせで、チーズもサラミも絶品です。これは比較的ボリュームが少ないので、お酒を楽しみたい人にはオススメです。

『自家製ジンジャーエール』(300円)

そして『焼肉はせ川』でハセラーが愛飲するのが『自家製ジンジャーエール』で御座います。

この激しい生姜感が肉でダメージを受けた胃に優しい、漢方的な薬膳的な何かです。

これを飲んでおくと翌日が楽なので、お酒を飲まれる方にもオススメです。

ちなみに『焼肉はせ川』の烏龍茶は『黒烏龍茶』なので、そちらも合わせて飲めば最強のポーションとなります。

『焼肉はせ川』の世界にようこそ

ここからが『焼肉はせ川』の本気です。その狂気に一度でも身を委ねると二度と他の店に行けなくなる、諸刃の剣…

素人にはオススメ出来ない。

基本、オダサガのラスボスと呼ばれる『焼肉はせ川』に来て

「美味しい焼肉だけ食べて帰る」

と言うのは有り得ません。ギルティです。

そもそも「焼肉屋」で肉食って帰る事の何が罪なのかを説明すると、そこそこ長くなるのですが大事な事なので割愛しません。

とにかく店内のメニューと言うか、壁一面の手書きメニューを見て頂ければ分かるのですが、店主の料理のかける情熱は並々ならぬモノがあります。

これらのメニューを朝から一人で仕込んでいるのです。

その熱い想いに答えるのが、ハセラーの義務と言えるでしょう。

もしも店主が料理に対しての情熱が失われた時、このネヴァーランドは消えてしまうのです…

つまり、最低でも1品くらいはサイドメニューを食べるのが、我らの夢の国を存続させる為の手段である事を、忘れては行けません。

ピーターパンが永遠の子供で在り続ける為に、是非「サイドメニュー」に挑んで下さい。

あと、一応は警告しておきますが「御飯系」は危険です。4合くらい来ちゃう可能性が高いので、屈強な戦士でパーティーを組んでなければ即死です。

「※のお料理は2人前位あります」

と店のメニューにも書いてありますが、あれは嘘です。いや、厳密には嘘では無いかもしれません。

「何を言っているのか、わからねーと思うが、俺も何をされたのか分からなかった…」

逆に「※印」がついていないメニューは2人前ではない。つまり4人前、6人前である可能性もあると言う事実…

まさに、恐るべし『焼肉はせ川』ワールドですね。

『つけ麺』(800円)

そしてコチラが比較的、難易度の低いサイドメニュー『つけ麺』です。

「このチャーシューはステーキなのか?」

とにかくサービス精神旺盛な店主なので、予想の遥か斜め上を行く展開に目が離せません。

ちなみにコチラで「麺4玉」で、普通の店の2倍のボリュームはあります。

特徴としては「つけ汁」と言うかスープが7種類ある事です(写真に入りきりませんでした)

『つけ麺』に、そこまでの多様性を求めているのかって話ですが、色々な味で楽しめるようにと言う店主の粋な計らいとして、有り難く頂戴致しましょう。

ちなみにチャーシューも激ウマでした。

『つけ麺』(値段は同じ)

そしてコチラが比較的、難易度が高いサイドメニュー『つけ麺』です。

この差は一体…

恐らく、この日は「メンズ4名」で約1名ガタいの良い「喰えそうな奴」が居たので、店主に厨房からロックオンされたのかと思われます。

写真の奥には「太麺」が大皿に山盛りで鎮座しています…

とりあえず…

何から説明したら良いのか、訳が分からないですねw

TOP画像を見れば分かりますが「大皿2枚分の麺」でテーブルの上を絨毯爆撃されています。

「最初に運ばれて来た時は、頭がどうにかなりそうだった… 催眠術とか超スピードとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねぇ…」

まさに「地獄の釜の蓋を開けた」状態のテーブルに、黙祷を捧げる勢いです。

『つけ麺』のスープは全部で7種類でした。

しかし、途中で「豚骨スープ」が加わったので、計8種類のスープです。(これも写真に入りきりません)

一見、写真だと同じに見えますが、全部の味が違うと言う狂気の沙汰です。

『つけ麺』の麺は、全部で7種類です。さらに冷蔵庫には何種類かの麺があるとの事。

言うまでもありませんが、麺が7種類と言う事は、少なくとも「麺7玉」で御座います。

そして、太麺に関してはボリューム増しな感じだったので、それ以上である事は間違いありません…

なんでしょう?

麺のひとつひとつを解説するエネルギーが無いと言うか、思い出すだけで目眩がするのですが… ちなみに麺が大量だった為に

「これ、味変アイテムね!」

と言って「魚粉」の調味量ボトルを店主が置いて行ってくれたのですが、多分、事の是非はソコじゃない予感です。

さらに『焼肉はせ川』の良くあるサービスですが

「味に飽きたでしょ? これサービス!」

と言って「味噌漬け味玉」と「味噌漬けチャーシュー」を運んで来てくれました。

「味噌漬け味玉」は麹も入っているのでしょうか?

とりあえず美味しいんですけど、色々な意味で胸一杯です。有難う御座います。

(すでに意識が朦朧としていたので写真を撮り忘れました)

『焼肉はせ川』 総評

今回は不覚を取りました…

最後の『つけ麺』が予想外のボリュームだったのが敗因で、最後に1玉半くらい残してしまいました。誠に申し訳ないです。

今回の件で分かったのは

『焼肉はせ川』では指揮官が絶対に必要である事です。常にパーティーのHPに気を配り

「果たしてコイツはどんだけ食べられるのか?」

を把握している必要があります。そしてオーダーを全てコントロールして食べ残しが出ないように采配するのです。

まあ、いちいちオーダーにフィルターを掛けて、アレ駄目コレ駄目は参加メンバー的に、非常に面白くないと思うので、今回は比較的「フリースタイル」にしましたが、結果としては残念なエンディングを迎えました。

一番レベルの高い『焼肉はせ川』経験者が、オーダーを選別して独裁的に振る舞うのがベストです。

その「ちょっと食べたい」を許したが為に、ラスボスの『つけ麺』でパーティーが全滅する悲劇を繰り返してはなりません。

もっとも、どんだけ完璧な指揮を採っても、今回の『つけ麺』を倒せたかどうかは微妙な所ですけどね。

あまりにメニューが豊富過ぎるので、ついついアレコレ食べたくなりますが、レベルが低い4名パーティーなら

「焼肉4品+サイドメニュー1品」

で様子を見て、デザートで締めるのが良いでしょう。一度で『焼肉はせ川』を堪能する事は絶対に無理なので、数回に分けて徐々にスキルを磨くのがベストです。

それでは、みなさんも『焼肉はせ川』に訪れて、美味しい焼肉を堪能してみて下さい。

ちなみに2015年6月現在、店主の体調が良くなく「診断結果待ち」で予約は取っていません。

6月16日に健康診断の結果が出るそうなので、良い結果が出る事を祈るのみです。

『焼肉はせ川』(完全予約制)

住所:神奈川県 相模原市南区 相模台4-11-6

営業時間 17:00~22:00

定休日:水曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP