体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オノ・ナツメ原作を実写化! ドラマ『ふたがしら』入江悠監督インタビュー「時代劇の伝統をつなげていきたい」

DSC00690

「さらい屋 五葉」など、独特の空気感で新しい江戸時代劇を描く人気漫画家オノ・ナツメの「ふたがしら」がドラマ化。主演松山ケンイチ&監督入江悠という豪華なキャスト・スタッフ陣で、WOWOWにて6月13日より放送となります。

監督を務めるのは、『SR サイタマノラッパー』シリーズをはじめ、多数の音楽映画を制作。最近では『ジョーカー・ゲーム』で躍動的なアクションとスパイたちの頭脳戦を鮮やかに描き、日本映画界に新風を吹き込んだ入江悠。ケレン味あふれる粋なせりふ回しと痛快なストーリーを紡ぎ出すのは、日本演劇界を牽引する劇団☆新感線の座付き作家・中島かずき。

明るくて豪放な主人公・弁蔵を演じるのは、WOWOW初登場となる松山ケンイチ。弁蔵とタッグを組むクールで色男の宗次役には大衆演劇界のスターであり、映画『クローズEXPLODE』などで俳優として目覚ましい活躍を見せる早乙女太一。成宮寛貴、菜々緒ら豪華キャストも華を添えます。今回は、時代劇初挑戦となった入江悠監督にインタビューを敢行。時代劇ならではの演出、今後取り組みたい作品など色々とお話を伺ってきました。

★Aカット (1280x853)

―今回、オノ・ナツメさん原作のコミックを実写化という事ですが、元々作品はお読みになっていましたか?

入江悠監督:オノ・ナツメさんの名前は知っていたんですけど、読んだ事が無くて。個性的な絵柄だな、というのが最初の印象で。でも、読み進めていくと表情の描き方がすごく魅力的だなと。ハマりましたね。

―オノ・ナツメさんの作品って唯一無二の世界観というか、本当に独特ですよね。実写化する事はとても難しかったのでは無いでしょうか?

入江悠監督:そう、絵柄だけでは無くコマの進め方も独特なんですよね。なので、原作を読んでいる方はどうやってドラマ化するんだろうと思うでしょうね。オノ・ナツメさんの描く「何をやってるのか何を考えているか分からないんだけど、素敵」という空気感は映像にするのすごく難しいんですよ。でも、中島かずきさんの脚本を読んだ時に色々見えてきて。中島かずきさんは「劇団☆新感線」など色々な作品を手掛けられていますが、男臭い芝居を書くのが非常に上手いなと思っていて、今回も非常に素晴らしい脚本でしたね。

―オノ・ナツメさんからの要望はありましたか?

入江悠監督:全然無かったですね、自由にやらせていただきました。現場にも来ていただいたのですが、「自分の描いたキャラクターが立体的になっていて嬉しい」と言ってくださいました。そして、現場では写真をたくさん撮っていました。そうやって、色々な景色や情報をストックしていって、作品に活かしているのかなあと勝手に思ったり。撮影中は時間が無くてご挨拶するくらいしか出来なかったのですが、どうやったらあんな世界観が描けるのか、いつかちゃんとお訊きしてみたいですね。

―原作の先生からのその言葉は嬉しいですよね。私も作品とても楽しく観させていただきました。入江監督の作品ですので、ポップな演出になるのかな?と勝手に予想していたのですが、オーソドックスな時代劇のテイストもあり、時代劇好きにはたまらなく、時代劇を観た事な無い方には新鮮だなあと感じました。今回、初の時代劇という事で、参考にした事はありましたか?

入江悠監督:もともと時代劇好きというのもあったんですが、この作品に取りかかるにあたって、東映の昔の時代劇や忠臣蔵、三池監督の『十三人の刺客』などを観なおしましたね。男2人で旅をする“股旅もの”として参考にしたという意味ではマキノ雅弘監督の『次郎長三国志』ですかね。最近では、小泉堯史監督の『蜩の記』にすごく感動しました。渋くて、雰囲気があって、究極はああいった作品を目指したいですね。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。