体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

危険かもしれないけど懐かしいファミコンの裏ワザ3種

ゲーム
game714

突然ですが、なつかしいファミコンゲームの裏ワザを3種ご紹介しましょう。しかも、裏ワザとはいってもゲームメーカーが「壊れちゃうからやめてね!」とゲーム雑誌でお願いを出したことがある裏ワザも含みます。

ここで紹介する裏ワザによって、本当にファミコンが壊れるかどうかはわかりませんが、もしやる場合は自己責任でお願いします。きっと、ファミコン世代の人たちならば知っている裏ワザのハズですよ。当時を思い出して、懐かしくなっちゃうかも!?

・『スーパーマリオブラザーズ』の裏ステージ突入
これは任天堂やゲーム雑誌が「やらないで」と警告した裏ワザです。ファミコンの『テニス』を起動させ、そのまま電源を切らずにゲームソフトを抜きます。そこに『スーパーマリオブラザーズ』を挿してリセットボタンを押します。すると、通常では行くことができない256面などのステージに行くことができます。しかし、ゲームソフトの接触によってうまくいかない場合もあるようです。これは、筆者もやった経験があります。

・『マリオブラザーズ』で地面に埋まる
マリオを一番下の床でジャンプさせて着地する態勢に入ったら、ポーズボタンを連打します。すると、うまくいくとマリオが地面に埋まるのです。たったそれだけですが、ルールを逸脱した行為ができるため、小学生ながら喜んだ記憶があります。ちなみに、これを対戦プレイでやるとケンカになります。ポーズ連打はかなりウザいのです。

・『ベースボール』のスーパースローボール&暴投
これも任天堂やゲーム雑誌が「やらないで」と警告した裏ワザです。ピッチャーが球を投げた瞬間、ファミコン前部の端子を安全ピンなどでいじくると、球が超スローモーションになったり、あらぬ方向に飛んでいくことがあるのです。ファミコン本体に直接「通常ではありえない信号」が送られるのが原因のようです。これをやって友だちと対戦すると、やはりケンカになります。

イラスト原画: まそ先生(2ch全AAイラスト化計画

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会