ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

顔を3Dスキャン、自閉症患者の“顔パターン”を特定する診断システム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

健康や医療の分野にも、最新のテクノロジーがどんどん導入されていっている。

・3Dイメージングをもとに、自閉症の顔パターンを特定

2014年の後半に設立されたミズーリ大学の研究チームでは、“3D画像処理”を用いて、自閉症の子どもの顔を測量し、顔のパターンを特定するという研究を進めている。

遺伝子要因の手がかりを発見するための、スクリーニング検査ツールとしての活用が期待される。

研究チームの中心メンバーは、コンピュータ科学のYe Duan氏、MU Thompson Center for Autism and Neurodevelopmentalに所属する、子どもの健康と遺伝子を専門とするJudith Miles氏ら。2011年に開始された、顔の特徴を特定する研究をベースとしている。

・共通する特徴を検出、“顔マップ”を作成

長年、臨床の現場で経験を積んだMiles氏によると、自閉症の子どもの顔には、共通する特徴が現れるのだという。3D画像の統計学的な分析を経て、ついに研究チームでは“顔パーツマップ”のようなものを生み出すに至った。

この“顔の特徴”は、自閉症のさまざまな兆候と結びついているという。

子どもたちの顔をスキャンして、3D画像の測量データを累積。統計学的診断に役立てようという試みである。

・特徴ごとに、症状の出方・重症度が異なる

2014年におこなわれた実験は、すでに自閉症と診断されている8~12歳の子どもを対象としたもので、特定の顔の特徴パターンごとに、子どもたちを3つのサブグループに分類。

各グループで、自閉症の症状の出方、重症度が異なるという実験結果が出ている。

・遺伝子分析の活用も視野に

チームでは次のステップとして、他機関と協力し、遺伝子分析を活用していきたい意向。顔のパターンと自閉症の症状・重症度との関連について、さらに掘り下げていきたいとしている。

将来的には、まだ自閉症症状が出ていない幼い段階であっても、顔の特徴から、兆候のパターン、重症度がある程度予測できるようになるかもしれない。

University of Missouri

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP