体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アイデアを広げて深めるためのコツ

アイデアを広げて深めるためのコツ

■読者からの質問をめぐって
 前回の最後に4回目は「広げる」「まとめる」「深める」をどうつなげるかを説明するつもりと述べましたが、その後Amazonの「なか見!検索」が充実して本書の第4章を何ページも見られるようになりました。そのため、最終回は読者の立体的な理解の助けになることを期待し、『思考を広げる まとめる 深める技術』(中経出版/刊)出版以降に届いた主な質問に答えていきます。

  ◇     ◇     ◇

1、「広げる」における壁の越え方

質問:「広げる」とはいわゆるブレストのことと理解していました。壁にぶつかりアイデアが枯渇した時に、思考のベクトル、方向を変えてみることは(固定観念を捨てる)ということが分かったのですが、より効果的な壁を破る方法があればありがたいと感じました

回答:考えを広げるというのは新しい考えが出なくなった時に壁をこえていくこと、そう理解された上で、効果的に突破していくにはどうしたらいいのかという質問である。考えるテーマが重要だったり難問であったりするほど壁があるのは当然だ。当り前以上の案を出したいからである。
最も効果的と思う方法を8項目に集約して本に載せたわけだが、改めて考えてみてもそれ以上に薦めたい方法はなかった。8つのうちベクトルを変えて壁を破るイメージにもっとも近いのは「方向別に考える」であり、今まで考えていた空間と独立な方向を探すことである。質問者の趣旨は、「でもどうやって?」ということであろう。
これは、具体的な案を抽象的にまとめてみるのが一つのコツだ。本書で採り上げたボールペン新商品開発の例をとると、ある部分の素材をこう変えるという案を「使いやすくする」、「物理的に変える」などやや大きく抽象化し、「そうでない」案を考えると新しい方向性になっていることがある。
ところで、「広げる」のための心持ちをどう作るかも大事だ。この機会にヒントをまとめておきたい。助走をつけてうまく考えに入っていったり、考えが発展したりする流れを乗りこなしていくためのコツのようなものである。

取り掛かり
・(できれば)体力、周囲の環境が快適、落ち着いた状態で取り掛かる。
・安定した精神状態で、一旦心を空白にする。呼吸を整える(瞑想のイメージ)。
・ゆっくり考えられる体勢になる。広いテーブルに紙を広げるなど。ただし、きっちり机に座ってというのが窮屈であれば逆効果。ファミレスが最高という人も多い。慣れればランニング中なども(メモがとれないが)。

糸口を探る
・何を考えているのか、課題やテーマを改めて書いてみる。
・どこまで考えたのか、大まかな部分を書いてみる。
・(できれば)どう行き詰っているのか書いてみる。
・考え全体のバランスを確認する。
・その問題の本質を考える(何が大事なのか、要するに何が難しいのか等)。
・壁で行き詰まっているところや、それを突破する様子を視覚的にイメージしながら行う。

ペース配分する
・何回かに分けて考える。単純に疲れた場合は糖分などの補給も有効。行き詰った時には間をあけることも必要。
・再開する場合は0から改めて考える。前回考えた最後の部分をなぞって考え助走とする、加えて新しい方向性を探す。
・考えの発展は階段状に進み、踊り場があることを理解する。うまくその流れを読んで波に乗るようにする。

2、「広げる」ときの現実性

質問:「広げる」を行う時に実現可能性をどこまで考えるべきなのか

回答:小さく分かり易いテーマで考えることに慣れた人の場合、「まとめる」や「深める(確かめる)」をある程度同時に折り込みながら広げていくこともあり得る。次の例を考えてみよう。

例:東京から大阪へ向かう方法
1)フェリーでいく、ヒッチハイクでいく方法
現実性:低い。思いつきにくいが、状況次第では良いアイデア

2)ヘリコプターを使う、歩いていく方法
現実性:とても低い

3)宇宙船でいく、トンボに乗っていく方法
現実性:あり得ない

どこまで考えるかは状況によるが、一旦宇宙船やトンボを考えたことで中間のアイデアが連想されることもある。ヘリコプターは普通あり得ない選択肢だが、何百万円かけても早く着きたいという状況が生じたときには役立つかも知れない。
自由に制約なく考えることが重要であり、「現実性」の範囲は決まっていない。自分として普段より固定観念を外して考えられているなと思えれば十分だ。
一方、答えを見つけるのが困難だったり、本気で最高の答えを探したかったりする場合には、現実性は一旦忘れるのが原則である。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。