体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ガソリン!鉄!砂!炎!V8エンジン!ロック!」興奮必至の疾走ムービー新作『マッドマックス』を超絶オススメする3つの理由

FRD-DS-00253

ヒャッハーーー! 新作「マッドマックス」の試写、行ってきたぜぇぇ!

マッドマックスは好きだけど、今作はどうだろう…などと心配しているあなた。これはオススメできます。

1.『あの世界観そのまま』シリーズの世界観そのままで表現がさらに緻密かつパワーアップしてた
2.『アクション成分増大』バイオレンスアクション映画としての疾走感、ハラハラ感が増大してた
3.『新要素あり、そして観た後も楽しめる』もし自分がこの究極の世界で生きていかなければならないとしたら? などなど考えさせられ、ハマれる

世紀末的世界観はそのままに表現が緻密かつ超絶パワーアップしてる本作は絶対オススメ

わたくし予告編動画も事前に見てたんですが、正直な気持を言うと、試写を観るまでは、不安でいっぱいでした。あのマッドマックスシリーズ独自の世紀末感、世界観がほんとにもう一回楽しめるのか? そんなの夢じゃないのか? 30年ぶりのシリーズ新作ってブランク長すぎだし結局がっかりして帰ることになるんじゃないか? 

などなど、観るのが怖くてもんもんとしてたのです。しかし、観たい。観ないわけにはいかない。

というわけでおそるおそる試写会に参加させていただきました。

ところが。

 不安は映画冒頭部分からあっという間に氷解しました。

あの独特な世界観は健在どころか、さらに表現は緻密かつ濃厚になってパワーアップしてました。これはもうハートが震えるほど。『マッドマックス2』のヒャッハー感と、2作目、3作目後半の車上バトルが抽出された興奮状態MAXのまま突っ走る映画、そんな感覚です。

マッドマックスシリーズは主人公こそ共通しているものの、1作ごとに世界設定が大きく変化しています。今作も、マックスという主人公はそのままなんですが、取り巻く環境や周辺の人々が大きく変化してます。それは決して観る側を裏切る変化ではなく、期待する方向へ大きく進化し、その進化の幅は期待を大きく超えてきているのです。

1.『あの世界観そのまま』

―あの世紀末的世界観はそのまま。さらに緻密かつ濃厚になっている

MAD_2

30年ぶりの新作、一番心配だったのは「あの世紀末的世界観が新作でも楽しめるか」というところ。しかしながらその心配はほんとにただの心配でしかありませんでした。今作では「あの世界観」はそのままに、さらに緻密で濃厚に表現が凝らされています。登場人物にせよ、膨大な数登場するカスタマイズカーにせよ、武器にせよ衣装にせよ、あらゆるものに意味があり、すべてがつくりこまれていて、それぞれにバックグラウンドや、そういう形になった経緯について想像して楽しめる余地が残されています。

登場人物の一人一人から小道具まで、そこに存在する意味や背景が考えぬかれているこの映画。それぞれの登場人物から乗り物、道具まで、その背後にどんな物語があるのだろうと考えだすと、観客側の想像も膨らみ、さらにもう一回観たくなります。

2.アクション成分増大

―鉄!砂漠!水!炎!ガソリン!V8エンジン!爆走!爆発!爆音!ロック!インターセプター!バイオレンスアクション映画としての疾走感、ハラハラ感が増大

FRD-DS-00668

世界観はそのままに、世紀末感はさらに倍増してます。人間たちはさらなる環境悪化に身体を蝕まれており、設定によれば寿命も縮んでいるようです。カスタマイズカーや道具も世界が崩壊した時点から大量生産はもちろんのこと、あらゆる工業製品の生産が事実上停止しており。パーツは使い回しを重ねながら40年以上経過している。そんな世界が描かれています。

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。