ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia M4 Aquaの8GBモデルの空き領域はたったの1.26GB

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外で最近発売された Sony Mobile の防水対応スマートフォン「Xperia M4 Aqua」ですが、その 8GB モデルで実際に使用できるストレージ容量が公称値よりも大幅に低いことが判明しました。Xperia M4 Aqua の内蔵ストレージ容量は、グローバルモデルの E2303 や E2353 が 8GB で、北米向けの E2306 が 16GB と、モデルによって異なっています。8GB モデルの OS 領域やプリインストールアプリ・コンテンツを差し引いいた実効容量はホワイトペーパーには “最大 3GB” と記載されているものの、ある国で販売されている端末では、わずか 1.26GB だったそうなのです。仕様が “最大 ○○ GB” という書き方なので誤記とは言えませんが、たった 1.26GB しか利用できないのは非難されても仕方ありません。容量を圧迫している原因はプリインストールアプリとされており、不要なものをアンインストールすれば少しは増やせると考えられますが、大抵のアプリはシステム領域にインストールされているので削除できないでしょう。Xperia M4 Aqua は Micro SD カード(最大 128GB)をサポートしており、動画や音楽、写真などのユーザーデータは外部ストレージ側に保存することになってしまうでしょう。Source : Xperia Blog


(juggly.cn)記事関連リンク
「ASUS E1Z」はMicro USB接続で投映できるAndroidプロジェクター
Android 5.0以上のバッテリーセーバー機能が音声コマンドでもON / OFF可能に
Ascend Mate7のAndroid 5.1ファームウェアのプレビュー動画

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP