ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昭和なレストランで噂の「ハムカツ定食」を食す! @横浜市鶴見 レストランばーく

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今回は神奈川県の横浜市鶴見区にある、超檄シブな『レストランばーく』を紹介してみましょう。

メディアにもチョイチョイ露出し、あの『きたなトラン』でも堂々の星3つを獲得する名店で御座います。

※すべての画像が表示されない場合はこちらからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/990098

ロケーションが鬼熱な『レストランばーく』

まず、京浜工業地帯のド真ん中とも言える「鶴見駅」にある時点で、相当に期待出来ますね。

「美味い定食屋は労働者が集まる地区にある!」

と言うのが、筆者の持論です。他にも「3K」と呼ばれる

「競輪場、競艇場、競馬場」

の周辺も穴場ですね。そして、そんな熱い地域でも鬼熱い「ガード下」と言うホットスポットにあるのが『レストランばーく』なのです。

線路のガード下にある古い店が次々に閉店して行く中、未だに現役バリバリの定食屋、もといレストランです。

ちなみに外観は写真の通り、映画やドラマに出てもおかしくないレベルの

「ジャスト・昭和」

な雰囲気を今でも守っています。この店の勇姿を見に来るだけでも良いくらいの風景です。こういう店は文化財として保護するべきでしょう。

メニューも安くてボリューム満点!

そして外観もさる事ながら、その店内もイイ感じに歳を召された風情があります。

若干、ランチタイムで店内が檄混みの為、店内の写真が撮れなかったのは残念ですが、昨今は個人のプライバシーの関係でアレコレあるので仕方ありません。

個人的にモザイク入れた写真は嫌いですし。

しかし!

非常に混んでいてテーブル席に相席になりながらも、どうにかメニューを撮影する事には成功しました。

まさに奇蹟のタイミングで撮れた写真です。何せ隣の席の人の味噌汁がメニューの上に置いてある上級レベルの相席なので、今回は写真を撮るのに苦労しました。

とりあえず… 安いですよね?

定食にすると700円、カツカレーなどのプレート系も700円です。若干、700円だと

「言うほど安くないんじゃね?」

と思われるでしょうが、出てきた定食のボリュームを見たらビックリするはずです。一応、メニューの端っこにも書いてありますが

「ばーくのメニューは皆様にお腹いっぱいに食べて頂きたく、普通メニューでも量は多めとなっております。」

との事で、まさに京浜工業地帯マジックと言うか、肉体労働者の為の定食として洗練された結果、安くて美味しい『レストランばーく』になったと言う事でしょう。

噂の『ハムカツ定食』を食す!

筆者的には『カツカレー』1択で攻めたいのですが、やはり記事的には有名な

『ハムカツ定食』(700円)

を紹介するのがスジかと思うので、ココはひとまず期待に応える為にも定番中の定番メニューをオーダーします。ちなみに、定番メニューと言うものの

「普通の人では完食に至らないらしい…」

みたいな噂が気になりますね… しかも私的な事で恐縮ですが、すでに『鶴嶺峰』で小結(つけ麺350グラム)をガッツリ食べて来たので、今の筆者の戦闘力を例えるならば

「ドラゴンボールのクリリン」

と同じレベルで御座います。確かに人間にしては強いんですけどねぇ…

コレはやっちまったかもしれんね…

写真では見ていたものの、実際に『レストランばーく』のハムカツを見ると笑いが込み上げて来ます。

確かに斜めにカットされているので、厚く見えるマジックかと思われるでしょうが、それは間違いです。

「厚さ… 3cmくらいあるんじゃね?」

厚さ3cm近いハムを2枚、それを斜めに切って計4枚のハムカツが鎮座しています。

普通は斜めに切ってボリュームを誤魔化すのですが、この『レストランばーく』の場合、厚みがあるハムを斜めに切っているのです。

「凶悪さが増しただけじゃねぇか…」

基本、世の中の「ハムカツ」と呼ばれるモノは薄いと相場が決まっているのですが、コレは一体…

さすがに今回は「御飯大盛り」は見送ったので、ギリ抜けると思うのですが

「ハムカツ? 俺は古都でチキンカツ喰ってんだぜ!」

見たいな上から目線は、このビジュアル一発で吹き飛びました。

意外とヘヴィーなハムカツに苦戦…

幸いにも揚げ物にしては「衣が薄め」でカリっと揚がっているので、油的な何かは優し目ですが、やはりボリュームが半端ねぇっす。

っていうか、今までにこんな大量のハムを一度に食べた事がない筆者としては、ペース配分が分かりません…

「デカ盛り」の時は常に戦術を練って、勝利のビジョンを固めてから来る筆者ですが、今回は

「余裕あるから2軒目行っちゃう?」

みたいな軽い気持ちで来てしまいました… 正直、スマンかった…

御飯も「普通」でこのくらいの盛り加減です。ちなみに大盛りは「まんが盛り」と呼ばれるドーム状にパワーアップします。

いや、御飯はともかく、この定食の恐ろしい所は「ハムが重い」の一言に尽きますね。

むしろ「チキンカツ」や「トンカツ」の方が、衣で増量されている分だけ軽いんじゃないかと錯覚する勢いです。

「ハムって… 肉で出来てるんだなぁ…」

みたいな当たり前の事が脳内で繰り返されます。純粋に「肉」で構成されているので小細工が効かないのです。

普通は「デカ盛り」の場合でも、食べ方や順番を変えたりして上手にやり繰りするのですが、そういう次元じゃない事に気がつきました。

スーパーゾーンに突入!!!

2個目までは、どうにかこうにか進んだのですが、3個目で途端にペースが落ちた筆者。

それまでは「1個を4口で食べきるペース」を維持していたのですが、3個目でモチベーションダウンです…

「隣のおっちゃんもチキンカツ残してるし…」

みたいな「逃げの算段」が見え隠れします。食べ物を残さないと言う筆者のポリシーと

「周りの人も残してるし仕方ないか?」

と言う甘えが交錯します… 逃げるタイミングを考えながら、残りのハムカツと御飯をもそもそ食べます。

「デカ盛り」において一番ダメな食べ方で、敗色濃厚な末期状態、いつ終戦になってもおかしくないペースです。

箸を置くタイミングを考えていた、その時、突如店の中がゴトゴトと揺れ始めたのです!

その揺れは地震ではなく、頭上を走る「鶴見線」が引き起こす「ガード下の店」ならではの懐かしいヴァイブレーションでした。

「鶴見線だって僕を応援してくれてるんだ!」

久しぶりに体に感じる熱いヴァイブに背中を押された筆者は、とりあえず全ての思考を停止して

「ただただ食べる!」

と言う一点にのみ集中します。

そもそも、御飯やキャベツの千切りが微妙に残っているから、色々と小細工を考えてしまうのです。

「箸休め」

などと言うモノを求めるから、箸が止まるのではないか?

ここで筆者は「ハムカツ以外の全てを食べてしまう」と言う賭けに出ました。

戦術的には無謀とも言える「万歳突撃」に等しい行為ですが、結果的には

「ハムカツとタイマン状態」

にまで持ち込めたとも言えます。最後の1個のハムカツと筆者の勝負です。

御飯を食べる、キャベツを食べる等の選択肢が無くなった今、あとはハムカツを喰うか残すかの2択しかありません。

もはやハムカツに集中するしか無い筆者に奇蹟が起きました。まさにトップアスリートのみが体験する

「スーパーゾーン」

の世界に突入です。ハムカツの動きも箸の動きもスーパースローに見える脅威の集中力が発動しました。

『ハムカツ定食』 総評

苦しい戦いになったものの、なんとか「鶴見線」の応援で乗り切る事が出来ました。

「終わってみれば、全てが良い想い出となる」

その一言に尽きますね。たった700円のハムカツでここまでの感動を引き出すとは『レストランばーく』のポテンシャルは未知数です。

ちなみに、今更ですがハムカツの味について軽く触れておきますと、カレーソースがかかっていて、なかなか美味しいハムカツでした。

若干、ハムの「外側の皮」ごと揚げてあるので、食感がアレって思う瞬間もありましたが、食べてる時はそれどころじゃないので、さして問題にする議案でもないでしょう。

ハム自体は、結構いい感じの塩分が感じられるので、卓上にある調味料は控えた方が、後半食べやすいかもしれませんね。

ちなみにハムって結構高い食材だと思うのですが、あんなに沢山使って700円で大丈夫なんでしょうかね?

今回、御飯は普通盛りですが、プラス200円で中盛り、大盛りは300円でパワーアップする事が出来ます。

言うまでもありませんが、大盛りにすると凄い事になるので、そこら辺は慎重な対応をお願いします。

若干、この手の定食ならば御飯は「皿」じゃない方がしっくり来ると思うのですが、そこは「レストラン」としての意地があるのかもですね。

と、言う訳で色々有りましたが、最終的には『レストランばーく』はオススメです。

次回は『カツカレー大盛り』に的を絞って、また訪れようと思った筆者でした。

レストランばーく

住所:神奈川県横浜市 鶴見区豊岡町1-17

営業時間:月~金 11:00~14:00 17:00~19:45
(土曜日は昼の部のみの営業)

定休日:日曜祝日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP