ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

その人生は多くの謎に包まれていた…。『氷の花火 山口小夜子』秋、公開決定。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“東洋の神秘”と称賛され、神秘的オーラと圧倒的存在感で「ニューズウィーク」に「日本を代表するトップモデル」として、アジア人で初めて選ばれた山口小夜子。
しかし、その人生は多くの謎に包まれていた…。『氷の花火 山口小夜子』秋、公開決定。

70年代初頭、オイルショックで閉塞感が漂っていた日本。
『一億総欧米コンプレックス』に陥り、自分達に自信が持てず、欧米の真似をすることにエネルギーを注いでいた。そんな時代に“日本人であること”を武器に、たった一人で世界に闘いを挑んだ女性がいた。
黒髪に切れ長の瞳…その名は、山口小夜子。
山本寛斎、髙田賢三、イブ・サンローラン、ジャンポール・ゴルチェら一流のファッションデザイナーに愛され、セルジュ・ルタンス、横須賀功光などトップクリエイターのミューズとなってイマジネーションを与え、常に時代の先端を走り続けた。ミック・ジャガー、スティーリー・ダン、世界のスターと渡り合った日本女性。
しかし、その正体はミステリアスだった…。
生前、山口小夜子と交友のあった松本貴子監督が、彼女と親交のあった人々の証言を集め、残された貴重な映像に触れながら、「山口小夜子」を探す旅に出る。
山口小夜子没後8年。世界が認めた”日本人初のスーパーモデル”山口小夜子のまだ見ぬ扉をそっと開ける…。

劇場公開は2015秋、シアター・イメージフォーラムほかにてロードショー

『氷の花火 山口小夜子』
監督:松本貴子
制作・配給:コンパス
宣伝:ビーズインターナショナル
特別協力:資生堂/オフィスマイティー 2015年/日本/98分(予定)/DCP/カラー/PHOTO:横須賀功光 ©2015「氷の花火 山口小夜子」製作委員会
yamaguchisayoko.com

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP