体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

元力士が作る激ウマな『背脂つけ麺』 @横浜市鶴見『らー麺土俵 鶴嶺峰』

kaku-abu1_R

今回は神奈川県横浜市の鶴見区に遠征と言う事で、ちょいちょい気になっていた『らー麺土俵 鶴嶺峰』(カクレイホウ)に行ってみました。

その店名が示す通り、元力士の鶴嶺峰さんの店でして、この界隈では

「つけ麺が美味しい!」

との事なので、今回は筆者も「つけ麺」を食べて来ました。

kakurei-6_R

限定『背脂つけ麺』

今回は偶然にも月に一度の「山の日」と言う事で、いつもとメニューが違っていたようです。

出来ればスタンダードな「レギュラーメニュー」を記事的には紹介したいのですが、仕方ありません。

券売機には多くのトッピングが用意されているので、自分の好みにカスタマイズ出来ます。

kakurei-5_R

食券を買ってから階段に並ぶ

オープン前に着いたものの、すでに10人くらいが並んでいました。

基本的に行列拒否の筆者ですが、わざわざ遠征して来たので任務を果たさない訳には行きません。

そして店がオープンすると、食券を買って店内の階段に並びます。

2階は別の店と言うか居酒屋さんか何かでしょうか?

店外に並ぶと苦情が来るらしいので、仕方なく階段に誘導しているらしいです。

kakurei-2_R

麺の量はどうしましょう?

ちなみに食券を買う際に麺の量を選ぶのですが

「幕下」「小結」「大関」「横綱」

など力士的な何かになっています。まあ、分かりやすいと言えば分かりやすいですね。

そして記事的にはドーンと「横綱」を狙いたいのですが、この後は別の取材も控えているので、あえて「デカ盛り」には行かずに

「小結」(麺350グラム850円)

にしてみました。本当は「大関」くらいは行きたかったんですけどねぇ。

それでも普通の店の「つけ麺」だと大盛り相当のボリュームなので、麺を知るには手頃なサイズかと思われます。

ちなみに「大関」は麺600グラム、最高峰の「横綱」になると麺700グラムで、まさに「デカ盛りメニュー」となっております。

kaku-abu4_R

『背脂つけ麺』を食す!

この日はレギュラーメニューは無く、限定の『背脂つけ麺』と『背脂ラーメン』の2択で御座います。

二郎系でも「アブラコール」はしない筆者でして、出来る事なら脂は控えたいお年頃……。

ちょっとした不安を抱えながらのウェイティングです。

そして『背脂つけ麺 小結』が筆者の元に来ました。流石に麺のボリュームはありそうです。

「横綱行かなくて良かったw」

これが正直な感想です。筆者のレベルでは「大関」くらいが妥当でしょう。

二郎系と比べると野菜の盛りも大人しい感じですが、普通の「つけ麺」として捉えると、なかなかですね。

今回も基本に忠実と言う事で、特にトッピング類は足していません。

限りなく「素」の状態に近い「つけ麺」のグラフィックになっているはずです。

珍しいところでは「天かす」がちょいっとトッピングされている事でしょうか? 他にも「ちくわ」的な何かが細かく刻まれていました。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy