ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

怪しい挙動のトラックを撮影していたらヤッパリ事故った

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
事故

「もし突っ込んだ先が歩行者だったら」と思うと背筋が凍る動画をご紹介しましょう。フラフラと怪しい運転をしているトラックを発見し、「おかしいぞ?」と思った人物が念のためトラックをカメラで動画撮影。すると案の定、トラックが対向車線に入り込み、他のトラックと事故を起こすという衝撃の動画が、動画共有サイト『YouTube』に掲載されています。

この動画を撮影した人物は、トラックの後続車に乗っていた人。そのときのトラックのようすを「目の前で蛇行運転したり、いきなり停止したり、バ­ックしたりするダンプを発見」、「対向車線に完全はみ出したダンプは赤の軽自動車に突進。赤の軽自動車は辛うじて避ける­も後続の2tトラックに激突」とコメントしています。

撮影した人はさらに「2tトラックの助手席の方が頭部より流血(他詳細不明)­。大型ダンプが通学中の児童の列に突っ込んでいたら大惨事です」と、事故の惨劇を語っています。確かに、トラックが突っ込んだ先に歩行者がまとまって歩いていたら、複数の人が亡くなる大惨事になっていたかもしれません。

今回の動画は車載カメラではないようですが、最近は車載カメラを搭載している自動車が増えています。また、車載カメラがとらえた事故の瞬間動画も『YouTube』等に多数掲載されるようになってきました。自分の安全運転のため、何かあったときの証拠のため、車載カメラを搭載するのはアリかもしれません。

画像: YouTube

■関連記事
ボクサーのパンチを避けるレフリーの神業「いちばん強いのレフリー?」
ニコニコ動画で『小学校でよくある事』が大人気
イブに32歳独身女子がひとりでディズニーランドに行く動画
ネットユーザーが選ぶ「時間返せって言いたくなった映画」とは?
ずっと住み続けるとしたら北海道と沖縄どっち? 大規模3000人アンケート

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
apo mekhanes theosの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。