体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Oculus Rift』で上空5000mからの落下を体感! “mentos フレッシュスカイダイブ”に挑戦してみた

IMG_3405

6月5日(金)~6月7日(日)の3日間、東京・六本木ヒルズアリーナにて開催される“mentos フレッシュスカイダイブ@六本木ヒルズ”

IMG_3297

『メントス』ファンから絶大な人気を誇る『メントス フレッシュコーラ』の復活発売を記念して実施されるこのイベントは、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドマウントディスプレー『Oculus Rift(オキュラス・リフト)』を使用して、六本木の上空5000mからのスカイダイビングを疑似体験できる爽快エンターテインメント。

IMG_3285

聞くだに恐ろしいこの新感覚アクティビティを筆者(高所恐怖症)がひと足先に体験してきたところ、予想通りに「やっべえぇぇ!!!」となったのでそのレポートをお届けする。

IMG_3341

参加者はまず『メントス』型のユニークなヘッドマウントディスプレーを装着。ハーネス等は本物のスカイダイビング並みにガッチリと装備し、安全対策もバッチリである。

IMG_3419

そして本番ではワイヤーを使って宙吊り状態に。そう、上から“吊るされる”のだ……。

スモークの噴射と共に少しずつ上昇していくと、映像(=視界)では会場に隣接するテレビ朝日のビルを優に超える高さから、高速ブランコでビュンビュンと揺られる場面がスタート。スカイダイビング前のちょっとした肩慣らしといった感じでサラッと始まったのだが、これがマ・ジ・で・コワかった……!

実際に浮遊する高さは地上からわずか0.5m~1m程度。しかし今は『Oculus Rift』で360度すべてがバーチャルの世界! 遊園地のフリーフォールやバイキング系の乗り物が苦手な人は、気楽に参加すると必ず痛い目を見るぞ。

IMG_3405

映像(=視界)ではブランコの勢いを利用して上昇を続け、飛行機や雲よりも高い上空5000mへ到達。そして、ここから一気に落下が始まる! というところで身体は水平に……。

IMG_3412

周りから見たら低空飛行で「ワーワー」「キャーキャー」「ウオッホホーイッ」と叫んでいる滑稽なヤツと思うだろう。しかし本人はいたって真剣。眼下に広がる六本木の街を眺めながら高速落下していくリアルな映像を見せられると、それはもうスカイダイビングをしているのとイコールなのだ。実際には落下していないのに、胃が置いていかれるあの感覚が襲ってきたのが不思議でならない。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy