ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

エステーに聞く! クローゼット、寝室…梅雨の湿気・カビ対策

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
エステーに聞く! クローゼット、寝室…梅雨の湿気・カビ対策

梅雨入りはまだ先だが、梅雨時の大敵である湿気やカビを抑えるためには、やはり事前の対策が重要だ。今回は本格的な梅雨を前に、寝室やクローゼットにスポットを当てて、エステー・研究グループの高岳さんに湿気対策を聞いてみた。――寝室のカビを防ぐために、普段からできる対策は?

カビが発生する原因は、空気中の湿度の高さだけではありません。発生する場所の、表面の湿度が高いことが原因です。寝室は湿気がたまりやすい北向きなどにあることも多いため、1日1回は換気をしましょう。外気との温度差を小さくすると、結露も防げます。窓が開けられなければ、部屋の入り口のドアを開けておくだけでも大丈夫。除湿器をかけたり、換気扇を回すのも効果的です

――やはり一番の対策は換気なんですね。では、寝室の中でも湿度が溜まりやすい布団の対策はあるでしょうか?

人は一晩にコップ1杯分の汗をかくといわれています。朝は布団をすぐ畳まず、しばらく掛布団を半分めくっておいたり、敷布団との間に隙間を空けておくと湿気がとれます。布団が干せないときは、敷布団の下に置くタイプの除湿剤などもあるので、利用してもいいかもしれません

――クローゼットや押入れなど、狭い空間の除湿はどうしたらよいのでしょうか?

除湿剤は、狭い密閉された場所で使うと効果的です。湿気は下のほうに溜まるので、いくつか段のあるクローゼットであれば、下段の隅に置くと効率がいいですね。1つで足りなければ、広さに合わせて複数個おくとさらによいでしょう。

――除湿剤を使うほかにもコツはありますか?

押入れはぎゅうぎゅうに物をつめると空気の流れが悪くなるので、全体の8割くらいに留めておきます。扉の隙間を空けて、押入れに向けて扇風機で風を送ると湿気を飛ばせますよ

カビが発生してから取り除くのは、手間も時間もかかるもの。早めの対策を心がけて、今年の梅雨は快適に過ごしたい。●取材協力
エステー
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/06/02/91498/

【住まいに関する関連記事】
濡れた傘の放置はNG! ニオイ・カビを回避する傘のお手入れ方法は?
除湿機事情・最前線! 部屋をカラッとさせる除湿機はどれ?
実演販売のプロに聞く! 梅雨の季節におすすめの便利グッズ
浴室や布団のカビを徹底攻略! プロに聞く、梅雨のお掃除ポイント

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。