ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【動画】タカラトミーが人間と会話できるロボットおもちゃ『OHaNAS』を発表 ドコモ『しゃべってコンシェル』のクラウド技術応用で自然なおしゃべりが可能に

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

【動画あり】タカラトミーが人間と会話できるロボットおもちゃ『OHaNAS』を発表 ドコモ『しゃべってコンシェル』のクラウド技術応用で自然なおしゃべりが可能に

タカラトミーは、ロボットおもちゃ『オムニボット』シリーズの新製品として、人間と会話ができるロボットおもちゃ『OHaNAS(オハナス)』をNTTドコモと共同で開発。10月1日に発売することを発表しました。

ohanas2

『OHaNAS』は、LEDライトで8色に光る目、マイクとスピーカー、各種センサーを搭載したロボットおもちゃ。専用アプリをインストールしたスマートフォンとBluetoothで接続して使用します。ユーザーが話した内容をクラウドサービスを介して理解し、会話が楽しめるのが特徴。アプリはキャリアに関係なく利用でき、iOSとAndroid向けに無償で提供されます。

ユーザーが話す音声を理解して、検索やメール送信などの操作を実行するドコモの音声エージェントアプリ『しゃべってコンシェル』の技術を応用。タカラトミーが2年前に『しゃべってコンシェル』を応用したロボットの企画をドコモに提案し、昨年から製品化に着手したとのこと。

ohanas3

本体は小玉スイカ程度の大きさで、ヒツジをイメージした白い角と長い耳がアクセントになっています。

ohanas4

印象的な大きな目は、ユーザーの話を聞いているときは青、自分が話しているときはオレンジなど、状態に応じて色が変化します。チラつきながら光る様子は昔の放電管のイメージが重なり、レトロフューチャーな印象に。

会話はユーザーからの質問に答えるだけでなく、独り言を言ったり、ユーザーの誕生日などの情報を覚えて話しかけてくれます。最大8人のユーザーを認識して、ユーザー情報に合わせた会話ができるとのこと。歌を歌ったりギャグを言ったり、一緒にしりとり遊びをすることも可能。言葉以外にも、頭をなででタッチセンサーが反応したり、本体を揺らしてセンサーが反応するコミュニケーションも楽しめます。

開発中の試作機で実際に会話してみたので、どんなおしゃべりができるか、是非動画でご覧ください。開発の進捗は取材時点では20%程度だそうなので、多少ぎこちないやり取りは今後改善されるのではないでしょうか。

タカラトミーのクラウド型おはなしロボット『OHaNAS』と会話してみた(YouTube)
https://youtu.be/dgRQ4GBEiE8

今後はスマートフォンに保存した音楽を再生する、冷蔵庫にある食材からレシピを提案する、オススメのラーメン屋を教えてくれるなどの機能強化を検討しているとのこと。『OHaNAS』は10月1日の発売予定で、価格は1万9800円(税抜き)です。

※発表会の模様を追記

ohanas5

6月4日に開催された『タカラトミー×NTTドコモ 次世代コミュニケーショントイ共同発表会』では、『OHaNAS』の名前の由来が明らかに。「みんなと“おはなし”して“はなしに花が咲く”という思いを込めた」という日本語の由来に加えて、

Organized(統合された)
Human interface(人間用の)
and
Network(ネットワーク経由の)
Artificial intelligence(人口知能)
System(仕組み)

という壮大な名称の略称であることを発表。なんかすごそうです。

ohanas6

ドコモからは技術的な背景についての説明もありました。今回『OHaNAS』に採用されたのは、2900万以上のインストール、ユーザーからの11億以上のアクセスにより経験を重ねた『しゃべってコンシェル』をベースに、カスタマイズした支援機能を組み合わせた『自然対話プラットフォーム』というシステム。同システムを対外的に提供する第1弾のケースで、今後は家電や自動車などにも利用を拡大していく考え。

ohanas7

発表会にはタカラトミー代表取締役社長兼COOのH. G. メイ氏とNTTドコモ代表取締役社長の加藤薫氏が登壇。メイ氏はこれからおもちゃの概念を変えるキーワードとして「エイジレス」「タイムレス」「ボーダーレス」を挙げ、これらを実現するためにドコモとのパートナーシップが必要だったと説明。幅広い年齢層に、インターネットにより発展し続けるおもちゃを、全世界に展開していく考えを明らかにしました。加藤氏は『自然対話プラットフォーム』を「部品として使ってもらえてうれしい」とコメント。ドコモが掲げる他社との“共創”を進める取り組み「『+d』のいい例になる」と今回のコラボを評していました。

『自然対話プラットフォーム』は1年後に英語版の完成を目標にしており、海外向け『OHaNAS』の提供も含め両者の協業は継続していく模様。発売は10月とまだ少し先ですが、発売後もその動向に注目できそうです。

商品情報|OHaNAS(オハナス)|オムニボット|タカラトミー
http://www.takaratomy.co.jp/products/omnibot/ohanas/

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。