体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自動給紙で両面同時に超高速スキャン可能な『ScanSnap S1500』製品レビュー

パーソナルドキュメントスキャナ『ScanSnap』のフルモデルチェンジが2月にありました。筆者は、『ScanSnap S500』を所持しており、今回は『ガジェット通信』編集部で新機種である『ScanSnap S1500』をお借りすることができたので、レビューしてみたいと思います。

■ScanSnap使用感

仰天するほど“早く”なった。

筆者が『ScanSnap S1500』を使ってみた時の第一印象です。これは前機種である『ScanSnap S500』を所持している、いないに関わらず“欲しい”と思わせるだけの物だと感じました。

目まぐるしく性能が向上したのは、スキャンの品質を設定する項目で「スーパーファイン(カラーは300dpi、モノクロ600dpi)」を選択した時のスキャン速度。宣伝の通り、ノーマルやファインのスピードと全く変わらないんです。コレには脱帽しました。

スキャナーが1枚の紙をスキャンするのに8秒かかっていた物が6秒になったところで、「あまり騒ぐほどのことではない」と思ったそこのアナタ!“性能の差とやらを見せてもらおうか”と腕を組んで見ていってもらいたい。筆者の活用法を含め、じっくりとレビューしていきます。

■『ScanSnap』とは

株式会社PFU から発売されている、「ワンプッシュで簡単・スピーディーに書類をPDF化するパーソナルドキュメントスキャナ」です。一言で言ってしまえば「スキャナ」なのだが、「複数枚の紙を両面同時にスキャンしつつPDF化し、管理すること」に特化しているといっても過言ではないですね。最新の機種では、PDF化した後の機能(検索可能PDF化、PDFの検索)も強化され、紙媒体をデータ化する使い勝手がますます良くなっているのです。

また、アドビシステムズ社純正の『Adobe Acrobat Standard』が付属する。『ScanSnap』を購入するとPDFを自由に編集できる環境が整ってしまうのだ。これは、個人ユーザーが購入する際、非常に大きなメリットになると思う。

一度PDFになったドキュメントは、様々なデータフォーマットに変換することや、PDFの状態であればPDF内の画像から抽出されたテキストに対して検索することもできる。最新の『S1500』に付属する『ScanSnap Manager』では、『Microsoft Office』ドキュメントにも変換が可能だ。

近年ではPCのモバイル化が進み、書籍をPCに入れて持ち運ぶと非常に便利になると、筆者は考えています。余談だが、筆者は自前のノートPCにあらゆるシステムの開発環境をそろえており、「Anytime Anywhere」での開発をモットーとしているのです。当然、参考のために技術書を用意するが、せっかく小型で高性能なノートPCを持っていても、600ページを超える技術書を何冊も持ち歩いていたのでは、肩がこって仕方がない。

そんな時は、自分で購入した書籍を片っ端からPDF化する。検索可能化、しおりの設定、ページの設定(見開き、拡大率など)を行うことで、実際の書籍よりもより便利になってしまう。作業時間は、ハードカバーではない600ページ程の技術書を検索可能化しないのであれば、裁断も含めて20分もあれば十分だ。今では、電車の中でも技術書を開きながら開発を行っている。長距離電車が楽しくて仕方がない。

話を戻し、原稿の取り込みまでの行程を紹介していく。なお、この原稿の取り込みまでの行程は、『ScanSnap』シリーズのどの機種であっても概ね同じです。

ScanSnap S1500 正面(写真)

ScanSnap S1500 横(写真)

ScanSnap S1500 背面(写真)

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会