体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超小型PCで記事を完成させることができるのか?『LIVA』試用レポート

IMG_5453_R

以前IT Week2015の取材記事(拙稿http://getnews.jp/archives/959385参照)で、超小型PCなるものを見て、使用レポートをすると書いたのだが、そもそもいったいどういうものなのか、展示会の場で聞いたのはアウトラインで、実はよくわかってないことに気が付いた。
そこで、実際に購入して試してみる前に販売代理店を訪ね、この超小型PCについて根掘り葉掘り尋ねてみた。
対応してくれたのは株式会社リンクスインターナショナル、広報担当の阪口貴紀さん。
この超小型PCは「LIVA」という名前が付いている

IMG_5455_R

・ズバリお聞きしますが、スティック型の方が小さくて安いのではないですか?
「そうですね。スティック型の方が数千円安いです。メモリーは2ギガバイト、CPUも大きな差はありません。違いといえばWindows 8.1 with Bingがスティック型は32ビットですがLIVAは64ビットであるということや、ネット接続がスティック型は無線LANのみですが、LIVAはギガビットLANも使えるかくらいです。LIVAはデスクトップPCと同様な機能性と拡張性は備えていますので、一般ユーザーがメインの1台として使っていただける仕様になっています。」

なるほど、スティック型のネット接続はWi-Fiのみ、LIVAは加えてギガビットLANにも対応している。一般家庭ではLANケーブルを差した方が簡単だ。USBも2.0と3.0がそれぞれ1つ付いているし、HDMIとD-sub両方を使えばマルチモニタにも対応しているので、一般的な拡張性は問題はなさそうだ。

IMG_5460_R

・しかし、こんなに小さくてメイン機とするのはちょっと不安が残りませんか?
「PCはデカいものとの思い込みがあるので仕方がないのですが、LIVAを作っているのは台湾のECSという世界的なマザーボードメーカーです。CPUはインテル製です。メモリーとストレージはマザーボードに直付けです。SSDより遅いですけど、HDDよりは高速なeMMCという記憶装置を積んでいて、発熱がさほどないのでCPUファンはありません。完全なゼロスピンドル(HDDやDVDドライブ、ファンのように可動部分がない)ですから、多少の衝撃で壊れることはありませんし、静音どころか無音です。」

確かに、最新のスティック型PCにはごくごく小さなファンが2つも付いている。しかし、それでもメイン機には…。記者は食い下がる。

IMG_5467_R

・記憶装置の容量が32ギガバイトや64ギガバイトでは小さすぎはしませんか?
「最近はクラウドやテラバイト級の外部記憶装置を使っているのはないでしょうか?ということは、ユーザーがお作りになったファイルや、写真や動画データを本体にずっと記憶する必要はないと思います。USB3.0に対応していますので、高速HDDを外付けしてもいいですし、ギガビットLAN対応ですからNASというネットワークHDDをルーターやハブにつないでおけば、スマホのデータもいっしょに管理できます。」

IMG_5476_R

もはや一般的な使用において突っ込みどころはなさそうだ。ちょっと話題を変えて、どういう購買層を想定しているのか聞いてみた。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。