体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東海大相模を甲子園に導く定食があるらしい @小田急相模原『三祐』

sanyu-7_R

今回は「外食の原点に立ち返る」と言う意味で、神奈川県相模原市にある『三祐』をレポートします。

基本的には「ある程度は名が知られている店」を紹介しないと記事として成り立たない業界ですが、果たしてそれだけで良いのでしょうか?

筆者としては、やはり「地域密着型」の渋い店こそ、紹介すべきだと思うのです。

sanyu-13_R

地域密着型の「個人店」こそ至高の存在である

そもそも、筆者が子供の頃の外食と言えば、まだチェーン店やファミリーレストランも少なかったので、必然的に

「近所の中華料理屋さん」

でした。都会と違って近所に「洋食屋さん」が無かったと言うのもあったのですが、子供の頃は近所の中華料理屋さんでもテンションが上がったものです。

そんな「町の中華料理屋さん」も、最近はめっきり少なくなりました…

そして、今現在も町の中から個人経営の飲食店が、どんどん無くなっているのです。

「今、書かないで何時書くのか?」

まさに今こそ、地域密着型の個人経営の飲食店をクローズアップすべきでしょう。

sanyu-12_R

『東海大相模』の側にある中華『三祐』

と、言う訳で今回は中華料理で一部のコアなファンに人気の『三祐』を紹介してみましょう。

さして引っ張る要素のない『三祐』ですが、実は

「東海大相模が強いのは三祐のおかげである!」

と言う都市伝説があります。幾多の甲子園出場の影には、必ず『三祐』の見えないチカラがあるとの噂…

これは筆者的にも、確かめる必要があるのではないでしょうか?

sanyu-3_R

神奈川県民ならサンマー麺

さて、どのメニューを食べたら甲子園に出られるのでしょうか?

やはり神奈川県民的には「サンマー麺」が、もっとも甲子園に近いメニューなんじゃないかなと思います。

ちなみに「サンマー麺」とはラーメンに「モヤシ多めの野菜炒め」的な餡かけをONした何かです。
あえて「片栗粉」でとろみを出す事で、全体的なボリュームを出しつつも、ラーメンの天敵である

「ラーメンの温度低下に伴う味の劣化」

を押さえる事に成功した、画期的なメニューなのです。

まあ、神奈川県民以外にアピールした所で、さして響かないとは思うのですが、とりあえず

「神奈川=サンマー麺」

の図式だけは覚えておいて下さい。「家系ラーメン」が有名になったのは、もっと後の事なのです。

sanyu-4_R

『三祐』のサンマー麺を食す!

ちなみに『三祐』のラーメンは380円でして、写真の「サンマー麺」でも500円と激安で御座います。

この21世紀にラーメン380円とか正気の沙汰とは思えませんが、コレが

「地域密着家族経営型中華料理店」

の実力なのです。「セントラルキッチンによる効率化&圧倒的なダンピング価格による薄利多売方式」で利益の追求に走るチェーン店によって、多くの個人店が駆逐されてしまいましたが、この『三祐』のように

「学生の為に安価で提供し続ける名店」

も残っているのです。この粘り強さこそ『東海大相模』の強さの源なのでしょう。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。