ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タモリが宇多田ヒカルとはちあわせた伝説のそば屋『大川や』の日替わり御膳

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日替わり御膳
1200円

タモリが常連のそば屋として知られている、東京都千代田区のそば屋『大川や』。タモリは人気番組『笑っていいとも』の放送が終わったあと、『大川や』に出向いて絶品なるそばを堪能していたという。

・宇多田ヒカルも訪れる
そもそも、『大川や』はそばが美味しい店として、そばマニアの間では知らない人はいないというほどの店。

ランチタイムもディナータイムも、多くの客でにぎわっている。そんな『大川や』には、宇多田ヒカルも訪れることがあり、タモリとはちあわせた事もあるといわれている。

・その質を知れば安く思える
これから『大川や』に行ってみたいと思った人は、ランチタイムに「日替わり御膳」を注文するといい。

かやくご飯、小鉢、天ぷら、そしてそばがセットになったもので、かなりお得に食べられる。価格的には高めに思えるかもしれないが、その質を知れば安く思える。

・そば特有の香ばしさを放つ
キュッと引き締まったコシの強さは、一瞬にしてその力を解き、そば特有の香ばしさを広げる。

その美味しさを純粋に知りたいのであれば、せいろの蕎麦を汁に浸さず、そのまま食べてみてほしい。

・汁は使わず最後まで食べてもいい
冷えた心地よさとともに、そばの旨味が広がるのがわかるはず。これがそば本来の旨味なのだ。

この味の虜になったのであれば、汁は使わず最後まで食べてもいいだろう。

・同じそばでも違う「色」を楽しめる
日替わり御膳のご飯は、毎日のように違うものになる。そのときそのとき最高のご飯が出されるが、イクラと海苔のご飯は特に絶品だ。

そばではじまり、ご飯を食べ、さばで終わる。そうすることで、最初と最後、同じそばでも違う「色」を楽しめる。

ちなみにこの店は、かけそばも絶品だ。

大川や(おおかわや)
住所: 東京都千代田区九段南3-4-2
時間: 11:00~15:00 17:30~22:00 土11:30~15:00 17:30~21:00
休日: 日祝
ルート: JRや地下鉄の市ヶ谷駅から徒歩5分。

詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/05/27/tamorihikaru/
Via: 大川や

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP