ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日常の“ちょっとした仕事”を依頼!SMSで住人同士を結びつけるコミュニティ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仕事を探すとき、今や求人サイトで探すのは当たり前。ただ、もしスムーズなインターネットへのアクセスが難しいとしたら?

米国のルイジアナ州では、全家庭の50%以下しか高速のインターネットにアクセスできないという。

これは、求職者にとっては、大きなデメリットになってしまう。

・SMSで求職者と依頼者を直接結びつける

そんなインターネット環境がよくないエリア、アクセスしづらい環境であっても、求職者が仕事を見つけやすいようサポートしてくれるのが「Werkly」というサービス。

SMSテキストを活用し、携帯電話を通じて、仕事の依頼者とパートタイムの仕事を探している人を結びつけてくれるというものだ。

・Indiegogoでキャンペーン実施中

2014年末にローンチされたコミュニティ「Werkly」には、現在3000人以上のメンバーが登録している。

このたび、SMS統合機能、FacebookのAPIと連動する機能を追加しようと、資金調達プラットフォームIndiegogoで資金集めのキャンペーンを開催した。

・地元ならではのニーズに応えられる

「Werkly」では、P2P方式を採用しており、仕事を探している人と依頼者を直接結びつける。

仕事内容は、ホームページのデザイン、写真撮影、ベビーシッター、犬の散歩、庭仕事、パーティのお手伝いなど、内容は幅広く地元ならではのニーズも多い。

・使い方も簡単

登録方法も簡単。求職者はまず、「Werkly」にサインアップして、自分のスキル、希望労働時間、希望業務などプロフィールを作成する。

もし、仕事を依頼したい人のリクエストとマッチングした場合には、両者を結びつけ、やり取りを促してくれる。

・案件成立時のみ手数料を徴収

また、お知らせを見た求職者はすぐに、応募を開始することができる。シンプルで無駄がないシステムなので、スムーズでスピーディな進行が期待できるはず。

そのまま契約が成立した場合のみ、1案件につき2ドルの手数料を徴収するという仕組みだ。

インターネットには情報が氾濫しているため、求めている情報が見つけにくい面もある。

「Werkly」の魅力は、街の掲示板的な、人と人とのやり取りというシンプルさだろう。地元の人同士の結びつきを強める手助けとなってくれそうだ。

Werkly

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP