ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イマドキの運動会グッズは軽量&大型化!お手軽な日よけ用『スクリーンタープ』を探せ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

イマドキの運動会用グッズは軽量&大型化!!お手軽な日よけ用『スクリーンタープ』を探せ!

絶好の運動会日和になってきましたね!
FURUの子供達の学校は、この度、運動会が有りました。

毎回、運動会の日は、早朝一人で場所取りに出かける(奥さんとは、子供達を学校へ送り出したのち合流)のですが・・・。

何時も頭を悩ますのは、日よけ用のテント。

一昨年までは、このタイプのテントを使っていたのですが・・・。

実は、このタイプのテントには、致命的な欠陥が有りました。

「その欠陥とは・・・?」

このタイプのテントは一人では組み立てられない。
※但し複数人で設営が可能であればその限りに有らず

・・・という訳で、一人でも設営出来るサンシェードを探す事にしました。
その結果、昨年購入したシェードがコレ。

Coleman(コールマン) パラソルシェード/250

強度も軽さも充分、設営方法も、折りたたみ傘の要領で、開いて畳むだけ。
…ただ、一辺の長さが2.5m(250cm)の為、奥さんの両親や奥さん、自分の親、子供達がこのサンシェードの中に入るには、少々手狭に感じました。

そこで、今年は、更に大型かつ、設営が簡単な、スクリーンタープに買い替える事にしました。
色々ネットサーフィンをして、ついに探し当てた、そのスクリーンタープとは・・・。

3m×3mのサイズなのに、設営が簡単!!お手軽な日よけ用『クイックキャンプ ワンタッチ スクリーンタープ』登場!

【送料無料】クイックキャンプ ワンタッチ スクリーンタープ 3m×3m UVカット&フルクローズ タープテント QC-ST300/ALST-300 【QUICKCAMP 蚊帳 シェード】【espb】【lsr-o】
http://item.rakuten.co.jp/esports/9501310190006?s-id=top_normal_browsehist&xuseflg_ichiba01=10537108

クイックキャンプ ワンタッチ スクリーンタープは、サイズが、3mx3mx2mのサイズなのに、手軽にワンタッチで設営が可能な、スクリーンタープです。

手早く設営が出来・・・。

大人数でも余裕のサイズ。

それなのに、本体は、それほど、大きくて重くない、という代物です。

【商品スペック】
●セット内容 :
キャリーバッグ×1
シェード本体×1
スチールペグ×8
ガイロープ×4
●サイズ : 約300cm×300cm×210cm
●収納時サイズ : 約20cm×20cm×135cm
●材質 :
本体:150D ポリエステル カバーシート部分75D
ポール:ファイバーグラス&スチール
●耐水圧 : PU1000mm
●重量 : 約7.3kg
●生産国 : 中国

早速、自腹で入手して使ってみる事にしました。時間が無かったので、運動会でぶっつけ本番です!

それでは、早速、『UVカット&フルクローズ タープテント QC-ST300/ALST-300』の開封の儀を行いたいと思います!

『UVカット&フルクローズ タープテント QC-ST300/ALST-300』の開封の儀!

さあ、開封の儀です。ドーパミン出まくり。

スクリーンタープ一式が中に入っています。あらかじめ、ペグ打ち用のハンマーを用意しておくと良いでしょう。

折り畳み傘を開く要領で、一気に骨を開きます。

開いた!

必要に応じて、天幕をオープン・クローズします。

「こ、これは凄いかもしれない・・・。」

「最初から、天幕が一体型になっているから、太陽の動きに合わせて、カンタンにオープン・クローズが出来て便利ですね!」

「とっても大型サイズの、お手軽スクリーンタープ。
『UVカット&フルクローズ タープテント QC-ST300/ALST-300』は、アウトドア派唾涎物の、スクリーンタープでした。」

※『UVカット&フルクローズ タープテント QC-ST300/ALST-300』の記事の執筆に当たっては、株式会社 eSPORTS 様に執筆の連絡を行い、ご承諾を頂いております。
http://esports.co.jp/
※Girlsイラスト:http://furu-yan.jimdo.com/
撮影:FURU

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: FURU) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP