ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Galaxy A8」は5.5インチフルHDディスプレイやSnapdragon 615を搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung 未発表のミッドレンジモデル「Galaxy A8(SM-A800X)」と見られる端末が GFX Bench の公式サイトに登場し、主要スペックの情報が判明しました。Galaxy A8 は、アルミフレームを採用した薄型ボディが特徴の Galaxy A シリーズの最上位モデルで、アジアと欧州で発売されると言われています。同サイトの情報によると、Galaxy A8 の一つ「SM-A8000」は、5.5 インチフル HD ディスプレイ、Snapdragon 615 オクタコアプロセッサ(たぶん初期版)、2GB RAM、16GB ROM、背面に 1,600 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、Android 5.1.1 を搭載しています。また、指紋リーダー付きのホームボタンや、3,050mAh バッテリーを搭載していることも噂として伝えられています。Source : GFX Bench


(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Shazam」でAndroid Wearでの聞き取りが可能に、カメラスキャン機能も追加
Google、AndroidベースのIoT機器向けOS “Brillo” を新たに開発
YouTubeアプリがAndroid Wearに対応、Cast時に再生をコントロールできる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP