体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『チャッピー』劇中ロボを比較紹介 これは数々のロボットを生み出してきた日本でこそ愛されるべき映画だ!

chappie_06

『第9地区』のニール・ブロムカンプ監督による最新作であり、AI(人工知能)を搭載した人型ロボットの成長と苦悩を描いたアクションSF映画『チャッピー』が、5月23日(土)より日本公開となります。

デーヴ_1

天才ロボット開発者“ディオン(デーヴ・パテル)”によって生み出された“チャッピー”は、自ら考え、感じることのできる世界初のロボット。元々は街を犯罪組織から守るロボット警官の1体だったチャッピーですが、ひょんなことから人工知能を搭載された挙句、ギャングに誘拐されて以降は自ら生きる術を身に着けていきます。

ヒュー_1

一方で、「考えるロボットは人類を破滅に導く」と信じる元軍人のエンジニア“ヴィンセント(ヒュー・ジャックマン)”は、ロボット警官の代替品として大きさも機能も過剰なロボット“ムース”を開発。劇中ではこの2人と2体が、壮絶でバチバチなバトルを繰り広げていくのです。

そこで今回は、ブロムカンプ監督や関係者のコメントを交えながら2体のロボットを徹底比較。彼らの対決の行方を劇場でより楽しむための予習編をお届けします。

感じ、考えるロボット“チャッピー”

chappie_02

ブロムカンプ監督が「デザインは『アップルシード』の“シロウ・マサムネ(士郎正宗)”から影響を受けているよ」と明かしているように、チャッピーは2足歩行の人型ロボット。言葉や身振りだけでなく、耳の動きや目の光によって細かな感情を表現することができます。

chappie_07

レーザービームが発射されるなど未来的な機能は搭載されておらず、武器としてAKS-74Mアサルトライフルを手にして凶悪犯に立ち向かいます。未来のロボットと聞くと流線的なフォルムを思い浮かべる人も多いと思いますが、首や腰のあたりでケーブルがむき出しになっているデザインに、政府が予算内で大量生産できそうなリアリティを感じさせます。

『AIBO』などのロボットペットを愛で、ロボット掃除機にさえ名前を付けて家族のように扱う日本人は、これまで『ASIMO』の成長や『Pepper』の登場など、人型ロボットに対して幾度となく胸を高鳴らせてきました。そんな我々が、チャッピーが傷つき、悩む姿に感情を強く揺り動かされるのも当然と言えるでしょう。

chappie_01

そしてチャッピーは、創造主であるディオンと育ての親であるギャングとの間で相反する社会性を教え込まれ、次第に自身がロボットであることに疑問をいだくことに。この辺りは考えるロボットとして手塚治虫氏が『鉄腕アトム』を生み出して以降、綿々と受け継がれてきたテーマと共通する部分です。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。