ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

aoki laska、新作は息遣いが聴こえるような作品に MV公開も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シンガー・ソングライターのaoki laskaが、6月17日(水)に2ndアルバム『ひとりの美術館』をリリースする。

ART-SCHOOL、Ropesの戸高賢史が絶賛コメントを寄せるなど、2011年のデビューから大きな注目を集めてきたaoki laska。レーベル・メイトであるfolk squatの平松泰二がプロデュースを手がけた、1stアルバム『it’s you』を2012年にリリースしており、新作は約3年ぶりのリリースとなる。

2ndアルバム『ひとりの美術館』は、京都への移住や結婚などを経て、aoki laskaが改めて歌と向き合った作品。今回はセルフ・プロデュースによって制作され、楽器ははぼピアノのみ(コルネットに、彼女の夫でもある4 bonjour’s partries、LLamaの日下部裕一が参加)という、シンプルなサウンドとなっている。また録音、ミックス、マスタリングは岩谷啓士郎が担当しており、耳元で息遣いまでもが聴こえてくるようなアルバムに仕上がっている。

現在YouTube上にて、リード・トラック「ひとりの美術館」が公開されているので、ぜひアルバムに先駆けチェックしてみよう。なおOTOTOYでは同作の特集ページ公開と、ハイレゾ音源の配信リリースが決定。こちらもぜひお楽しみに。(鶯巣大介)

aoki laska / ひとりの美術館

https://youtu.be/38s0IFjOVW8

・アルバム詳細
http://www.andrecords.jp/blog/catalog_detail/115/

aoki laska / ひとりの美術館
発売日 : 2015年6月17日(水)
曲目 :
01. 帰る場所
02. きみはだれ
03. ひとりの美術館
04. うたうようにおどる おどるようにうたう
05. 声
06. もっと
07. 夜をこえて
08. 僕の本

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP