ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ついに音楽ストリーミング収益がダウンロードを上回る。米ワーナーが発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 米ワーナー・ミュージック・グループは5月11日、2015年第1四半期においてストリーミングによる収益がダウンロードを上回ったことを明らかにした。米3大レーベルのなかでこのような発表をしたのは同社が初だ。楽曲のストリーミングによる収益が33%増加し、これにより音楽出版部門ではデジタル収益が100万ドル(約1億2,000万円)増加したという。

 3大レーベルでは最小のワーナーだが、収益は前年期から3.7%増加し、実質ベースでは12.8%増加の6億7,700万ドル(約811億円)に。償却前営業利益は64%増の1億2,100万ドル(約145億円)となった。収益増加と共に、2013年にユニバーサル・ミュージック・グループから買収したパーロフォンでの低経費があいまっての結果だと同社は話す。前年期の純損失5,900万ドル(約71億円)に比べ、1,900万ドル(約22億8,000万円)の純利益となった。

 ストリーミングは一般に音楽消費の未来の形だと考えられているが、どんなビジネスモデルがレコードレーベルの支持を得られるものなのかは不確定だ。Spotifyは広告の入ったサービスを無料提供し、それ以上のサービスに課金するフリーミアム・モデルを採用して非難を浴びている。テイラー・スウィフトなどの有名アーティストたちは、Spotifyのビジネス・モデルとストリーム1回ごとのロイヤリティ方式に批判的なのだ。

 しかし、ワーナー最高経営責任者のスティーブン・クーパーは、広告付きの無料サービスから有料サービスへの移行をリスナーへ促すフリーミアム・モデルを支持しており、とあるデジタル・パートナーと共同で消費者市場への“サービス提供や高度なアプローチを通じて”この移行をスムーズにさせるために動いていると明かした。

 また、クーパーは無料オプションを制限すると権利所有者やクリエイターの収入にならない違法サイトにユーザーが流れてしまうことを警告している。他レーベルによるSpotify批判をほのめかしつつ、業界としてはフリーミアムが火あぶりの刑になる前に注意を払うべきだと述べている。

関連記事リンク(外部サイト)

ウィズ・カリファ 「シー・ユー・アゲイン」が洋楽チャート3週連続1位に、訃報を受けあの名曲がランクイン
コートニー・バーネット、メルボルン発の新世代ギター・ヒロインの初来日公演が決定
ジャスティン・ビーバー 野蛮行為に関する処罰がほぼ完了

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP