ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コーヒー好き必見!スマホで手軽に“自家焙煎”できるガジェットがスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブルーボトルコーヒーの進出をはじめとした、“サードウェーブコーヒー”ブームがわき起こっている昨今。

休日はお気に入りの豆と道具でこだわりの1杯を楽しんでいるという人もいると思うが、せっかくなら“焙煎”からこだわってみては?

現在クラウドファンディングサイトのKickstarterで人気を集めているのが、スマホと同期して手軽に生豆を焙煎できるガジェット「IKAWA」だ。

・炒りたての新鮮な豆を楽しむ

焙煎後、どんなに気をつけてもコーヒー豆は酸化し味が落ちていくもの。

煎りたてのおいしさをおウチでも味わってほしい!「IKAWA」は、そんな思いからイギリスで開発された。

・スマホと同期するだけ

使い方は簡単で、スマホを使って専用アプリと同期し、焙煎度合いを設定。あとは専用器に生豆を入れ、スイッチを押すだけだ。所要時間はわずか3~10分ほど。

・選べる“深さ”

味を大きく左右する焙煎だが、素人にはなかなか加減がわからないもの。

「IKAWA」には酸味が引き立つ浅煎りから、苦みを存分に楽しめる深入りまでさまざまなレシピが付いており、まずは基本を押さえることができる。

・こだわり派にも嬉しい“マニュアルモード”

実際に焙煎してみて、“もう少し深みがほしい…”なんて気持ちが出てきたら、ついにマニュアルモードを使うとき!

グラフを動かして微調整ができるので、自分だけのオリジナル・レシピを作ることもでき、冒険心をくすぐられる。

おいしい1杯を淹れられたときは、レシピをSNSで共有することもできる。

・Kickstarterで人気に

世界初となるスマホ対応焙煎器「IKAWA」は、Kickstarterにて目標額の8万ポンドをクリアし、6月1日まで引き続き出資者を募集中。

気になる価格は500ポンド(約9万2600円)からとなっており、円に換算するとかなりの高額だが、おウチでプロレベルの1杯を淹れたい人、カフェ経営を目指している人などは、ぜひ思い切ってゲットしてみては?

Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/andrewstordy/ikawa-home-coffee-roaster

コーヒー(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。