ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本に住む外国人に人気ナンバーワンの和食は「ラーメン」 意外にも寿司は苦手?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

農作物や花の種を販売大手「タキイ種苗」が、20代~70代の日本在住外国人に対してアンケートを行った結果、一番人気が高い和食は「ラーメン」だとわかりました。

意外にも、世界的に有名になった「寿司」は、苦手な和食の2番目にランクインしています。
もっとも、「寿司」は、大好きな日本食の2位にランクインしていますので、好みが分かれるということなんでしょうね。

日本在住の外国人が一番好きな和食

1位 ラーメン
2位 寿司・刺身
3位 天ぷら

日本在住の外国人が一番苦手な和食

1位 納豆
2位 寿司・刺身
3位 生卵

このデータは、食の万博として評価が高い「ミラノ万博」を控えて行われたアンケートに基づいたものです。
果たしてラーメンが和食なのかという意見も出てきそうです。とはいえ、日本在住の外国人の方が一番推薦されているということは、出身国に関係なく一番食べやすい料理と言えるのかもしれません。

苦手な和食を見てみると、生ものや発酵食品が軒並みランクインしています。寿司が世界的に人気が出たとはいえ、まだまだ生ものを食べる習慣がない国のほうが多いのでしょう。発酵食品は、世界中の国にありますが、やはり好みが一番別れやすいので、外国の方と一緒に食事をするときは、配慮が必要なようです。

外国の方と初めて食事をするときに、食べてはいけないものが無いという外国の方なら、ラーメン店に誘うのが一番喜ばれやすいのかもしれませんね。

※ 写真は足成 http://www.ashinari.com/2012/07/09-365004.php より

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 松沢直樹) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP