ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ネパール大地震】3万人がネット上でボランティア!ITを駆使した支援活動とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先月ネパールで発生した大地震は、震源地に近い首都カトマンズを中心として、広範囲にわたり、甚大な被害をもたらした。

衛星画像とクラウドソーシングの手法を活用し、地震発生直後から被災地の救援活動をサポートしてきたのが、衛星画像専門ベンダーの「DigitalGlobe(デジタルグローブ)」だ。

・地震発生直後の被災地を衛星から撮影

地震発生の翌日にあたる4月26日、デジタルグローブは自社が保有する衛星からカトマンズとその周辺集落を撮影し、高解像度の衛星画像をオープンソースとしてインターネット上に公開した。

・クラウドソーシングで救援活動を支援

また、クラウドソーシングプラットフォーム「Tomnod」に、地震発生後の状況を示す衛星画像を、地震発生の前に撮影した被災地の衛星画像と共に投稿。

地震発生前の画像と見比べ、倒壊している建物や家屋、寸断された道路など、捜索や救助などが必要と思われる地点を見つけて、マーキングする作業に協力するよう、ユーザーに広く呼びかけた。

・3万人以上のボランティアがインターネット上に集結

3万人以上のボランティアによってマーキングされたデータは、専門アルゴリズムで解析され、重要かつ緊急な地点を絞り込んだ上で、被災地で活動する救援チームに情報共有されている。

DigitalGlobeの取り組みは、膨大な時間と手間のかかる作業をシンプルなタスクに細分化し、オンラインで広く展開することによって、不特定多数の人々の労力を集約させ、被災地の救援・復旧活動を後押しするものとして、さまざまな災害発生時にも応用できそうだ。

Tomnod

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP