ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、「ARROWS Tab F-02F」のソフトウェアアップデートを開始、電源が入らない現象に対処

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモは 5 月 7 日、富士通の Android タブレット「ARROWS Tab F-02F」のソフトウェアアップデートを開始しました。F-02F は 2013 年に発売された LTE 対応の 10.1 インチタブレットで、2,560 x 1,600 ピクセルの高精細液晶ディスプレイや Snapdragon 800 2.26GHzクアッドコアプロセッサ、2GB RAM などを搭載しています。今回のアップデートでは、F-02F の電源が OFF の状態から電源ボタンを長押しして起動しようとしても、電源が入らない現象が改善されます。起動中にアップデートを実行しておくことをおすすめします。アップデートにかかる時間は約 7 分で、アップデート後のソフトウェアビルドは「V10R20A」です。Source : NTT ドコモ


(juggly.cn)記事関連リンク
LG、曲がったスマートフォン「LG G Flex 2」にソフトウェアアップデートを配信開始
MediaTekの10コアSoC「Helio X20 MT6797」のスペック情報が流出、CPUは3つのクラスタで構成
NTTドコモ、5月13日に2015年夏モデル発表会を開催

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP