ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GoogleドライブのOCR機能が200以上の言語に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が長らく Google ドライブ内で提供している OCR(Optical Character Recognition)機能の対応言語を最近のアップデートで 200 以上に対応させたことを発表しました。OCR 機能は、カメラで撮影した書類や広告などの写真や PDF 文書からテキストデータを抽出してデジタル化し、検索エンジンにインデックスされるようにしてサービス内で検索可能にするというものです。この認識可能な言語が増えたことになります。Google ドライブで写真のテキストデータを表示・編集するには、写真をアップロードした後、WEB 版にアクセスしてファイルを右クリックし、「アプリで開く」→「Google ドキュメント」をクリックします。内容によっては Google ドキュメントで開くまでに時間がかかることもあります。Source : Google


(juggly.cn)記事関連リンク
Xiaomi、WQHDディスプレイやSnapdragon 810、4GB RAMを搭載した「Mi Note Pro」を発表、5月12日に発売
Google、AOSPでAndroid 5.0.2の新リビジョン「android-5.0.2_r3」をリリース
Xperia C4のハンズオン動画

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP