ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「当社は第一志望ですか?」と安直に尋ねる採用担当者は早めに見切った方がいい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

就活ノウハウ本などで「当社は第一志望ですか?」と尋ねられた時にどう答えるべきか、という話題が取り上げられているのを見かけます。どうせ責任を問われないのだから「御社が第一志望です!」と明るく元気に言っておけばいい、というアドバイスにもそれなりに説得力を感じるかもしれません。

とはいえ、このような準備には意味があるとは思えません。というのも現在、採用現場で「当社は第一志望ですか?」という質問は、全くといっていいくらいに使われていないからです。少なくとも私は、これまで一度もしたことはありません。(文:河合浩司)
そんな問いは無意味だと分からない担当者なんて

確かに「他社の選考状況」を尋ねることはありますが、それは以前も書いた通り、別の目的によるものです。「うちの会社を専願してない学生は熱意が疑われるから落とす」という意味で確認しているのではありません。

就活生からすると、面接でそんなことを聞かれたら、立場上「はい! 御社が第一志望です!」と答えざるをえないでしょう。無理な質問をすれば、ウソを強要することにもなります。この程度のやりとりで、本当の志望度など推し量れるはずがないのです。

もっと言えば、明らかに優秀な学生が選考を受けに来てくれた時に、あの手この手を尽くして志望順位を上げるのが採用担当者の責務。返事をそのまま聞き入れる担当者がいれば、経験・能力不足、職務怠慢と言われても仕方ありません。

とはいえ、「当社が第一志望ですか?」と就活生に問う採用担当者が、少数ながら存在するようです。そんな会社に出会ったときには、「ここは採用や人材育成を重視していないのでは?」と疑っていいでしょう。この問いが全く機能しないことすら分からない人材を、採用担当者に任命しているわけですから。

こういった会社では、「はい! 御社が第一志望です!」と答えないと落とされるかもしれません。でもそんな会社、落ちた方がその後の人生にとって良いのだと思います。
「いろいろな企業を見ているところ」で何が悪い

もしも私が「第一志望ですか?」への回答について意見を求められたとしたら、正直に自分の考えを述べるべきだと答えます。

ただし「御社は念のための滑り止めです」とか「面接の練習に来ただけなんで」と言うとさすがに心象が悪いので、「もちろん御社も志望していますが、良い機会なのでいろいろな企業を見ているところなんです」などと答えるといいでしょう。

また、「他社の選考状況」の話をするときに、間接的に「よその会社に行きたいのですか?」という話になることがあるかもしれません。そんなときでも、

「実は迷っていまして、御社以外にも、A社やB社にも魅力を感じています」

と話してくれたら、こちらも相談に乗れます。実際に就活生の話を聞いた上で、他社の方が良いと思い、そちらを勧めたことすらもあります。その方が彼のやりたいことに合致していると考えたからです。
会社に媚びるより正直に話した方がうまくいく

経験を積んだ採用担当者が恐れるのは、ミスマッチによる選考辞退や内定辞退、および早期退職によるロスです。学生本人の幸せを考えることが、ひいては会社の採用を成功させることになるのですから。

就活生のみなさんは、会社にどうやって媚びようかと考えることよりも、真剣に自分と向き合おうとしてくれる会社を探し、本音で話し合うことが大事にしてください。

あわせてよみたい:お笑い芸人・厚切りジェイソンの「人生相談」にギャップ萌え!
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP