体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「世界収益トップ3にパズドラ・モンスト」「日本のノンゲームアプリの収益トップ3はLINEが独占」AppAnnieによるアプリ市場7つのトレンド。(アプリマーケティング研究所)

「世界収益トップ3にパズドラ・モンスト」「日本のノンゲームアプリの収益トップ3はLINEが独占」AppAnnieによるアプリ市場7つのトレンド。(アプリマーケティング研究所)

今回は『アプリマーケティング研究所』からご寄稿いただきました。
※この記事は2015年04月27日に書かれたものです。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/939052をごらんください。

「世界収益トップ3にパズドラ・モンスト」「日本のノンゲームアプリの収益トップ3はLINEが独占」AppAnnieによるアプリ市場7つのトレンド。(アプリマーケティング研究所)

今回はD2CR*1さん主催のセミナー「2015年はこのゲーム会社に注目せよ」から、AppAnnie カントリーディレクター 滝澤さんの講演まとめをお届けします。

*1:『D2CR』
http://www.d2cr.co.jp/

「世界収益トップ3にパズドラ・モンスト」「日本のノンゲームアプリの収益トップ3はLINEが独占」AppAnnieによるアプリ市場7つのトレンド。(アプリマーケティング研究所)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2015/04/app01.jpg

アプリ市場、7つのトレンド

■ トレンド1:GooglePlayのダウンロード数は、AppStoreより約60%多い。

世界でのダウンロード数でみると、GooglePlayの成長率の角度が高い。GooglePlayはiOSよりも60%ほどダウンロード数が多い。

「世界収益トップ3にパズドラ・モンスト」「日本のノンゲームアプリの収益トップ3はLINEが独占」AppAnnieによるアプリ市場7つのトレンド。(アプリマーケティング研究所)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2015/04/app02.jpg

■ トレンド2:収益ではAppStoreが約70%上回っている。

収益で比較するとAppStoreが約70%上回っている。昨年と比べても差はあまり縮まっていない。GooglePlayはダウンロード数は強いが、収益ではAppStoreに勝てていない。

「世界収益トップ3にパズドラ・モンスト」「日本のノンゲームアプリの収益トップ3はLINEが独占」AppAnnieによるアプリ市場7つのトレンド。(アプリマーケティング研究所)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2015/04/app03.jpg

■ トレンド3:中国のアプリダウンロード数は、実質世界一。

2015年1月の国別ダウンロード数。中国は「GooglePlayのデータがない状態」で世界2位になっていて、実質的には中国がダウンロード数では世界1位と推測される。

注目の国は7位のトルコ、GooglePlayが中心となり、昨年比で5割くらい伸びている。トルコは「西洋とアジアの真ん中」ということもあり、ランキングには欧米とアジアのタイトルが入り交じっている。

トルコでは定番の「クラッシュ・オブ・クラン」「Game of War」などが強いが、現地企業の「OKEY」というアプリ(麻雀のようなゲーム)もMAU400万人くらいいたりする。

「世界収益トップ3にパズドラ・モンスト」「日本のノンゲームアプリの収益トップ3はLINEが独占」AppAnnieによるアプリ市場7つのトレンド。(アプリマーケティング研究所)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2015/04/app04.jpg

■ トレンド4:収益でみると、世界2強は日本とアメリカ。

2015年1月の国別のアプリ収益。世界1位のアメリカと、2位の日本はほぼ同規模。アメリカはAppStoreが強く、日本はAppStoreとGooglePlayが拮抗している。

注目の国としては、圏外から10位に初ランクインした台湾。台湾はGooglePlay中心の市場だが、実は最近についてはiOSが非常に伸びている。

台湾のアプリ市場の規模は、日本の10分の1くらい。だいたい「日本の200位くらいの売上」=「台湾の50位くらいの売上」というイメージ。伸び率は日本と同じくらい勢いがある。

台湾でいま1位のタイトルは、韓国企業のNetmarbleの「Everybody’s Marble」。(※日本ではLINEから「ゲットリッチ」という名前でリリース)

台湾で成功している日本のゲーム(売上50位以内に入っているタイトル)は、パズドラ・チェンクロ・モンスト・ドラゴンポーカー・白猫など。

「世界収益トップ3にパズドラ・モンスト」「日本のノンゲームアプリの収益トップ3はLINEが独占」AppAnnieによるアプリ市場7つのトレンド。(アプリマーケティング研究所)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2015/04/app05.jpg

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy