ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジェイク・ギレンホールがパパラッチを怪演! アカデミー脚本賞ノミネート『ナイトクローラー』日本公開日決定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ロスが眠りつく深夜に、警察よりも先に事件・事故現場に駆けつけて被害者の姿を映像に収める報道スクープ専門のパパラッチ。通称”ナイトクローラー”をジェイク・ギレンホールが演じ、これまでなかったテーマをセンセーショナルかつリアルに描き、アカデミー賞脚本賞ノミネートを果たした衝撃作『NIGHTCRAWLER』。日本でも、そのものズバリ『ナイトクローラー』として、2015年8月22日よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほかで全国公開されることが決定されました。

『ブロークバック・マウンテン』でもアカデミー賞にノミネートされたジェイク・ギレンホールは、父親が映画監督で母親が脚本家、そして姉が『セクレタリー』『クレイジー・ハート』などで知られるマギー・ジレンホールという映画一家。その彼が、ハイエナのように夜のL.Aを這いまわり、手に入れた映像をテレビ局に売りさばく姿を怪演。一見、普通に見える男が底なしの狂気を持つ様を演じきっており、ロバート・デ・ニーロが演じた『タクシードライバー』のトラヴィスの再来という声も。

視聴率の為に、倫理を踏み外した映像を欲しがるテレビ業界の裏側と、それを非難しつつも、目を離せず欲してしまう現代社会の闇に鋭く迫る本作。
解禁となったポスタービジュアルでは、カメラを手に闇夜に不気味に佇む主人公のルー(ギレンホール)。足元には何かの破片が激しく散乱し、それをカメラのライトが照らしている。 “他人の〈破滅〉の瞬間に、カメラを持って現れる-”というキャッチコピーが、ルーや本作がえぐる社会を余すとこなく物語っています。

監督・脚本は、『ボーン・レガシー』の脚本を手掛けたダン・ギルロイで、本作が初監督作。米国レビューサイト『Rotten Tomatoes』で満足度95%を叩き出したということもあり、ジェイクの演技とそのストーリー展開から目を離すことは難しそうです。

『ナイトクローラー』

8月22日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー!

監督・脚本:ダン・ギルロイ『ボーン・レガシー』脚本
出演:ジェイク・ギレンホール『ミッション:8ミニッツ』、レネ・ルッソ『マイティ・ソー』シリーズ、ビル・パクストン『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
提供:カルチュア・パブリッシャーズ、ギャガ
配給:ギャガ
原題:NIGHTCRAWLER/2014年/米/英語/118分/カラー/シネスコ/字幕翻訳:風間綾平/映倫<G>

映画『ナイトクローラー』公式サイト
http://nightcrawler.gaga.ne.jp/

(c) 2013 BOLD FILMS PRODUCITONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP