ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カシオペアのスキルフルな演奏を間近で体感するという“アソビ” 4/26、ビルボードライブ東京公演レポート公開!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 先日、4月22日に“カシオペアサード(CASIOPEA 3RD)”としては2枚目のアルバムとなる『A・SO・BO』をリリースしたカシオペアが、4月26日、ビルボードライブ東京にてライブを行った。

 この日のビルボードライブでの公演が2015年初のライブとなったこの日の彼ら。 待ちわびたファンの拍手に迎えられ、メンバーの野呂一生(ギター)、鳴瀬喜博(ベース)、大高清美(キーボード)、神保彰(ドラム)がステージに登場し、『A・SO・BO』のオープニング曲でもある「MODE TO START」からライブを開始。ドラム、ベース、ギター、そしてキーボードの激しいソロとリフの応酬によって、冒頭を飾るに相応しい華やかな幕開けとなった。

 演奏後、野呂がMC。「ここからのコーナーは、各メンバーの書いた曲をメドレーでお送りします。まずは、私の独断と偏見で自分の曲から演奏します」というコメントに続き「FEEL LIKE A CHILD」(野呂作)~「BACKTALK BABE」(鳴瀬作)~「ORGANIC EVOLUTION」(大高作)~「SMASH!」(神保作)と4曲立て続けに演奏。最後の『SMASH!』では、ブレイクで客席からも「SMASH!」コールが起きるなど、ハイテンションな演奏によってオーディエンスを惹きつけた。

 続くMCパートではメンバーが自己紹介を兼ねつつ、いま演奏した自作曲についてコメント。「BACKTALK BABE」を書いた鳴瀬は「まあまあのメンバーでも(自分の書いた)曲が良いとなんとかなるもんですね」と冗談を交えつつ、キレの良いトークで客席の笑いを誘った。また、野呂に「手に汗握る」曲と紹介された「ORGANIC EVOLUTION」を書いた大高は「普通の8分の7拍子ですよ!」とメンバーにツッコミを入れつつ、「8ビートだとなんかしっくり来なくて、ひとつ抜いてみた」と、同曲の独特の作曲プロセスを明かした。同じく野呂から「一見簡単そうなんだけど、実は演奏すると惑わされる」と紹介された「SMASH!」の作者、神保はライブ中の掛け声だけでは飽きたらなかったのか、客席に呼びかけ、もう一度大きな「SMASH!」コールを煽った。

 「次は第1期、第2期の曲を端折ってやりたいと思います」という野呂のMCに続いて演奏された「TAKE ME」「TOKIMEKI」ではひと際大きな歓声も。特に、「TOKIMEKI」の猛々しいベースのリフに、キーボードのソロ、晴れやかなギターのフレーズが奏で繋ぐ名展開に、客席からは手拍子も起きた。

 続いては、もう一度新作アルバムから『KA・NA・TA』。それまでの、激しくスピード感のあるスキルフルな曲の数々とは一味異なる、野呂の泣きのギターが印象的なこの曲は、この日のプレミアムなステージにおいて、清涼剤のような効果を呼ぶ一曲となった。

 野呂の「最後は記念すべき一作目に入ってる曲で締めたいと思います。」というMCに続き演奏されたのは「DAYS OF FUTURE」。『A・SO・BO』の最新型のカシオペアと、デビュー当時のカシオペアが交錯するという構成によって、彼らの進化(変化)した部分と変わらない部分の両方を意識させるセットリストとなった。

 アンコールでは、観客から求められた握手に応えつつ、カシオペアがステージに再登場。鳴瀬が煽り、フロア階が総立ちの中、ラスト「EYES OF THE MIND」の演奏が始まる。客席からは手拍子に加え、まさかの“オイ・コール”も上がる大盛況の中、終了。4人全員が壇上で揃ってお辞儀をして、晴れやかな幕引きとなった。演奏後もしばらく鳴り止まなかった拍手からは、カシオペアサードの4人のスキルフルな演奏を間近で体感した華やかな興奮が溢れていた。

 なお、カシオペアサードは4月28日、ビルボードライブ大阪にて公演予定。また、7月からは【A・SO・BO TOUR 2015】の開催も決定している。

◎公演情報
【CASIOPEA 3rd –  Release Premium Live】
ビルボードライブ東京
2015年4月26日(日)
1stステージ 開場15:30 開演16:30
2ndステージ 開場18:30 開演19:30

ビルボードライブ大阪
2015年4月28日(火)
1stステージ 開場17:30 開演18:30
2ndステージ 開場20:30 開演21:30

【A・SO・BO TOUR 2015】
2015年07月29日 福岡・電気ビルみらいホール
2015年07月30日 広島・Blue Live 広島
2015年08月01日 名古屋・ダイアモンドホール
2015年08月02日 大阪・なんばHatch
2015年08月07日 東京・赤坂BLITZ
2015年08月08日 茨城・日立ジョージハウス
2015年08月08日 茨城・日立ジョージハウス
2015年09月04日 岩手・リアスホール大船渡市民文化会館
2015年09月06日 山形・やまぎんホール(山形県県民会館)
2015年09月10日 北海道・Zepp Sapporo
2015年09月12日 北海道亀田郡・七飯町文化センター・パイオニアホール
2015年09月13日 北海道伊達市・だて歴史の杜カルチャーセンター・大ホール
2015年09月15日 北海道夕張郡・栗山町カルチャープラザ・Eki
2015年09月16日 北海道広尾郡・大樹町生涯学習センター・コスモスホール
2015年09月18日 北海道天塩郡・遠別町生涯学習センター・マナピィ21
2015年09月19日 北海道紋別郡・湧別町文化センター・さざ波

関連記事リンク(外部サイト)

赤塚不二夫、生誕80年を記念した『赤塚不二夫80年ぴあ』が発売
忌野清志郎、 NHK『SONGS』で命日の5月2日に特集をOA、奥田民生や曽我部恵一など豪華メンバー出演
山下達郎 デビュー40周年を記念してシュガー・ベイブの名盤『ソングス』最新リマスター盤リリース決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP