体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

素通りなんてもったいない! 隠れたレジャースポット「灯台」の世界を覗いてみる

(写真はイメージです)

(写真はイメージです)
海や港で、必ずと言っていいほど見かける灯台。もしかして素通りしてない? 実は、日本には約3300基の灯台があるのだが、中にはレジャースポットと言っても過言ではない“そそる”灯台が多数潜んでいるのである。

今回は、灯台の熱烈なファンであり、国内外の灯台を訪れる傍ら、フリーペーパー『灯台どうだい?』の編集長を務める不動まゆうさんに突撃。これからの行楽シーズンにおすすめの灯台を紹介していただいた。交通アクセスが便利なところばかりなので、ぜひ気軽に足を運んでみたい。

直径3.03mの巨大望遠レンズが美しすぎる「犬吠埼灯台」(千葉県)

07b82cd54b4ae8d68b1a3f680ab19b01-500x750

サスペンスドラマのロケ地としてもお馴染みの「犬吠埼」だが、こちらの灯台はともかくロマンチック。太陽が沈んだ瞬間――、日没とスイッチするように走る線光が、筆舌に尽くしがたいほど美しいとのこと。
 
また、内部の資料館では国内最大級のレンズが鑑賞できる(上写真/レンズ直径3.03m)。まるでアート作品のような美しさだが、表面がスリット状になっているのは、遠くまで光を飛ばす「超望遠レンズ」を極限まで軽くするための匠の技なのだ。

a1e8b89be208358745a3a0c0d0f1b01c-500x750

ちなみに灯台が自動化する前は、「灯台守」という職員が住み込みで灯台を動かしていた。光が届かない悪天候の日などには、ブオォォォーと耳をつんざくような爆音を発する霧笛で合図をしていたそうだ。現在、登録有形文化財として保存されている「霧笛舎」(写真手前)も内部の見学ができる。

また近隣のホテル「太陽の里 別邸『海と森』」では、大浴場や個室の露天風呂からも灯台が望める。月と灯台が織りなすコントラストを眺めつつ、人生を賭けて海を守り続けた灯台守たちの物語にも思いを馳せてみたい。

世界でも珍しい“ホテルに生えた? 灯台 ” 「神戸メリケンパークオリエンタルホテル灯台」(兵庫県)

さて、灯台はどこでしょう?

54510dd4d987e3447a3f748f8434dbf52-500x333

ホテルの右肩、ロゴの脇に小さく見える……アレです。

oriental2-500x333

「神戸メリケンパークオリエンタルホテル」14階に、ちょこんと生えたような灯台。どことなくキノコの赤ちゃんを連想させるが、もちろんオブジェなどではなく海上保安庁から認可を受けた公式灯台としてきっちり活躍中。世界でも珍しいホテルに建った灯台なのだ。

もともとは神戸の象徴になるようにと、歴史ある「オリエンタルホテル」の屋上に建てられたものだが、1995年の阪神・淡路大震災でホテルが全壊。しかしその後、姉妹ホテルとして開業予定だったこのホテルと共存する形で息を吹き返すこととなった。同じ階のステーキハウスでは灯台や港を眺めつつ、美食を堪能することができる。

1 2次のページ
タウンワークマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。