ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PC版『Grand Theft Auto V』を買うならダウンロード版が無難かも?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ついに発売されたPC版の『Grand Theft Auto V』ですが、みなさんはもう購入されたでしょうか?
『Grand Theft Auto V』はダウンロード版とパッケージ版があるのですが、筆者はパッケージ版を買いました。
どうせ発売当初はダウンロードに凄い時間がかかるであろうと予想したので、だったら一日遅れでもパッケージ版で良いかなと。そう思った次第です。

しかし!

実は、このパッケージ版の箱が微妙な代物なので、今回はそこら辺をレポートしてみましょう。

『Grand Theft Auto V 』はディスク7枚組の超大作

『Grand Theft Auto V 』はパソコンゲームでは、確実に今年最大の超大作です。なので「ディスク7枚組」と言うボリューム、インストールに必要なディスクスペースは65GB、動かす為に必要な必要動作環境は高めで、確実に

「PCゲームをやる為にパソコンを組む人向け」

となっております。しかも「4K」に対応しているので、本当に『Grand Theft Auto V 』のポテンシャルを100%引き出そうと思ったら、とんでもない構成のハイスペックPCが必要です。

ちなみに、現状では「ブルーレイドライブ」をパソコンに組み込んでいる人は少ないと判断され、とりあえずパッケージ版はDVDのみとなっております。

しかし、それが思わぬ落とし穴となり、発狂する人が後を絶ちません。

商品は届いたけどディスクに傷が入っていて発狂!

筆者も発売翌日に手元に『Grand Theft Auto V 』が届きました。ワクテカしてパッケージを開けると……

「ディ、ディスクが さ、散乱してるんだな…」

とりあえず『山下清 画伯』口調になってしまう勢いです。こんな状態で全国に配送されてんのかよ……

上の写真は分かりやすくする為に、わざと散乱させてから撮影していますが、届いた時にディスクが外れて散らかっていたのは紛れもない事実です。

幸いにも筆者は無事にインストールを終えてゲームを起動する事が出来ました(2時間半かけて)。

しかし、ネットを見てみると、同じようにパッケージ版を買った人の中には、

「ディスクに傷が入っていてインストール出来ない!」

と発狂する人が続出している模様……。 まあ、確率的には低いのかもしれませんが、傷が入っていてインストール出来ない人は、確実に声を荒げるので、

「パッケージ版は地雷」

とまで言われてしまっています。確かに自分もディスクに傷が入っていてインストール出来なかったら全力で叫びますけどね。

ディスクに傷が入っていた人達は、サポートに連絡して返品するしかない模様……。せっかく予約してまで買ったゲームが、しばらく遊べないとか最悪過ぎます。

結論、パッケージ(箱)が駄目過ぎる

そして『Grand Theft Auto V 』のパッケージを見てみると、ディスクを止めるホルダーの爪が通常よりも少ない事が発覚。

通常はコチラ、6本の爪で止めてあります。筆者に届いたパッケージも、6本爪で止めてある「ディスク1」は無事でした。

残りの6枚は、こんな感じ……。ディスクを重ねるように収納する為に、爪が4本しかありません……。

いや、これは確実に箱の設計が悪いとしかw

こんな状態じゃあ、あちこちへ運んでいるウチにディスクが脱落しても仕方ありません。

というか、ディスクが1枚も外れずに商品が届いた人って居るのでしょうか?

『Grand Theft Auto V 』に望む事

とりあえず、これはマズいでしょう。パッケージを変更して、輸送中にディスクが脱落しないようにしないと、今後もインストール出来ない人が続出する予感です……。

しかし、そうなるとコストが掛かると思われるので、メーカーとしてはやりたがらない可能性が濃厚です。

なので、とりあえず筆者としては、次のような救済策を望みます。

「パッケージ版にもダウンロードコードを同封して下さい」

それじゃパッケージ版の意味が無いような気もしますが、遊べないよりマシです。
送り返して新しいディスクが届くまでの時間を考えたら、ダウンロードして遊ばせてくれるくらいのサポートは必要でしょう。

と、言う訳で『Grand Theft Auto V 』を買おうと思っている人は、ダウンロード版にするかパッケージ版にするか、良く考えてから買いましょう。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP