体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

蕎麦屋のカレーって美味しいよね @東京都八王子『そば処 長岡屋』

foodpic6018536_R

前回、あれほど「蕎麦屋のカレーは美味い!」を連呼した挙句、『長岡屋』のカツカレーを食べて「カレーは普通だった」と言う感想を述べた筆者ですが、はっきり言っておきましょう。

「やはり蕎麦屋のカレーは一味違うぜ!!!」

と。まず前回はカツカレー大盛り、すなわち「カレーライス」の方のカレーを食べた訳ですが、実は『長岡屋』には『カレー丼』もあるのです。

そして『長岡屋』についてインターネットで色々と調べてみると、驚きの事実が発覚したのです。

naga-kset1_R

『カレーライス』と『カレー丼』でカレーが違う件

どうやら『長岡屋』では2種類のカレーを提供している模様。そして、より「蕎麦屋のカレー」っぽいのは『カレー丼』の方であるとの事。

つまり、筆者が前回食べるべきカレーは『カレー丼』だったぞと……。

ここら辺、メニューとかに書いてないので「ざる蕎麦と、もり蕎麦の違い」程度にしか考えていなかった筆者の認識不足ですが、あえて言おう!

「カレーライスとカレー丼の味の違いは明確にしておくべきである!」

と… まあ、個人的には『カツカレー大盛り』も大好きだし超美味しかったので文句はないのですが、カレーの味付けが違うなら違うで、ちょっとくらいアピールしてくれてもいいじゃないと思った次第です。

naga-kset2_R

『長岡屋』のセットメニューは色々ヤヴァイ!

せっかくなので今回は『長岡屋』の大変お得なセットメニューに挑戦してみました。そもそもが、食事なのに「挑戦」な時点でどうかしてると思うのですが、それが『長岡屋』なのでご了承ください。

基本、どの定食屋さんでもセットメニュー的な何かは「お得」な感じになっています。例えば半ラーメンが付くとか半チャーハンが付くとか、ちょっと嬉しい小さな幸せが売りになっています。

しかし、そこは『長岡屋』のサービスメニュー… 「八王子の双璧」の名は伊達じゃありません!

foodpic6018538_R

『カレー丼』のセット(もり蕎麦)の降臨

とりあえず単品で『カレー丼大盛り』も考えたのですが、良く考えてみたら筆者は未だに「蕎麦」を食べた事がない事実が発覚。

「蕎麦屋に通ってるのに蕎麦を食べた事がないってどうなの?」

みたいな良心の呵責に悩まされた挙句、ついでに噂のセットメニューを試してやろうみたいな下心に従った結果、筆者が選んだのは『カレー丼』のセットです。

ちなみに『長岡屋』のセットメニューは、ラーメン、うどん、蕎麦から選ぶ事が可能です。温かい蕎麦も選べるのですが、やはり蕎麦を語るなら「もり蕎麦」こそ至高でしょう。

結果、テーブルの上はこんな感じです。

foodpic6018533_R

まあ、知っててオーダーしたから良いのですが『長岡屋』のセットメニューは、すべて

「一般店のフルサイズ」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。