体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クラフトビールの魅力を存分に味わえる! 『スプリングバレーブルワリー東京』4月17日オープン

トップ用

4月17日11時、キリンビール株式会社とスプリングバレーブルワリー株式会社が、直営の体験型ブルワリー併設店舗「SPRING VALLEY BREWERY TOKYO(スプリングバレーブルワリー東京)」を東京・代官山の「LOG ROAD DAIKANYAMA(ログロード代官山)」内にオープン。こちらの店舗は、「ビールにワクワクする未来を」がテーマとなっており、多種多彩なこだわりのクラフトビールを楽しめるほか、店内で醸造しているところが見えるなど、ビール好きは心躍ること間違いなし。店舗の様子やビール、フードを編集部スタッフの体験レビューでご紹介いたします。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/920309

圧巻! スケルトンで醸造がみえる仕込み窯

仕込み窯

店内には、スケルトンの醸造マシーンが。こちらは、麦芽を煮込んで麦汁をつくる工程が中まで見える、日本初導入の透明なガラスの仕込み設備。飲みながら、仕込みの風景がみえるので、まるでビール醸造所へ飲みに来ているように楽しむことができます。

ビールをカスタマイズ!? 高機能サーバー

サーバー

店舗では、スプリングバレーブルワリーが独自に開発した、高機能サーバーが設置。このサーバーにより、ホップやフルーツなどの自然素材にビールを通すことで、香りや風味を付加し、オリジナルビールが作れるのだそう。

定番ビールは6種類! 1,000円で飲み比べセットはお得

ビールメニュー ビールグラス ビールグラス2

スプリングバレーブルワリー東京、定番ビールは『496(ヨンキューロク)』『COPELAND(コープランド)』『Afterdark(アフターダーク)』『on the cloud(オンザクラフド)』『Daydream(デイドリーム)』『JAZZBERRY(ジャズベリー)』の6種類。ビールは、6種類のビールの香りやそれぞれの舌のどこに落とすかを考え抜かれた、ビールグラスで提供されます。

ビールとおつまみセット ミニグラスビール

どのビールも味わい深いので、120mlずつミニグラスで全部堪能できる飲み比べセット(1,000円)がおすすめ。ビールをググ~ッと飲むだけでなく、いろんなビールをじっくり味わいながらちょこちょこ飲むことができます。

黒ビール

またそれぞれのビールに合わせたおつまみセット(ペアリングセット)は、おつまみをビールと食べ合わせることにより、また新たな魅力を発見できます。黒ビール『Afterdark』は、甘いスイーツと食べ合わせると、まるで、コーヒーのような印象に。黒ビールが飲めない人も、これなら飲めちゃえそうです。ゆずや山椒が効いた『on the cloud』は、自家製のアーモンドの燻製と食べるとたまりません。

1 2次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。