体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

観葉植物の快適効果をネットでシミュレーション!

観葉植物の快適効果をネットでシミュレーション!(写真:iStock / thinkstock)

この春、新生活を迎えて快適な部屋づくりを進めている人、部屋をリフレッシュさせたいと思っている人は、暮らしに植物を取り入れてみてはいかが? 植物には空間を快適にしてくれる“効果“があることが実証されています。でも、「どんな効果があって、何をどう取り入れればいいの?」と感じている人も多いはず。今回は、そうした疑問に答えてくれる「観葉植物の快適効果をシミュレーションできるサイト」があるので紹介します。快適な室内づくりに役立ててください。湿度、リラックス、視覚疲労緩和……植物の快適効果を知る

冒頭で紹介したサイトとは、愛媛大学農学部の仁科弘重教授率いる緑化環境工学研究室が開発した『対話型グリーンアメニティデザイン支援システム』のこと。部屋のどこにどのような観葉植物を置くと、どんな効果が期待されるのかをパソコンで簡単にシミュレーションできるシステムです(下記画像参照)。

【画像1】『対話型グリーンアメニティデザイン支援システム・通常版』のシミュレーション結果画面(画像提供:愛媛大学農学部 緑化環境工学研究室)

【画像1】『対話型グリーンアメニティデザイン支援システム・通常版』のシミュレーション結果画面(画像提供:愛媛大学農学部 緑化環境工学研究室)

「グリーンアメニティ」とは、室内に植物を置くことで人にとって快適な環境をつくり出すこと。森林浴や森林セラピーなど、植物が人に与える良い影響は昔から認知されていますが、実は、部屋の中の観葉植物も森林と似たような働きをしてくれているのです。

お話をうかがった仁科教授によると、「植物が発揮する各効果を総合的に高めることで、室内空間をより快適に保つことができます」とのことで、次のような植物の効果を教えてくれました。

●植物が空間を快適にする効果(得られる効果と効果の高い樹種の一例)
・快適な湿度環境が得られる効果(温熱快適性効果)
一般的に、人は湿度が55%前後あると最も快適と感じます。植物が水分を蒸散することで、室内の湿度環境を高める効果があり、特に冬期には、湿度を乾燥状態の30%から50〜60%へと上昇させてくれます。
→ゴールドクレスト、ホンコンカポック、アレカヤシなど

・心が安らぎ、リラックスする効果
観葉植物を眺めると、心身ともに落ち着いた状態を示す脳波・アルファ波が増幅してリラックス状態になります。また、植物の発生する香りの物質・フィトンチッドにより、リフレッシュ効果も得られます。
→ポトス、斑入りカポックなど

・暮らしに華やかさを感じさせる効果
観葉植物の見た目の印象から、暮らしに華やぎ(躍動感)や明るさ、潤いといったプラスのイメージをもたらしてくれることが、心理調査によって分かっています。
→アンスリウムなど

・視覚疲労を緩和する効果
植物を見ることで目の疲れが和らぐ効果が実証されています。緑色は網膜に負担をかけない色であり、無機物の壁を見るより、葉の凹凸や前後感、色の濃淡を見るのが目に良いのではないかと考えられています。
→葉色が薄めのもの

・空気を清浄化する効果
観葉植物が、シックハウス症候群の主な原因物質であるホルムアルデヒドなどの有害物質を吸収・吸着するので、室内の有害物質濃度が低下して、室内環境を快適に保ってくれます。
→ゴールドクレスト、ホンコンカポック、アレカヤシなど効果が高まる植物の置き方をシミュレーション

「対話型グリーンアメニティデザイン支援システム」では、植物が与えてくれる良い影響をさらに効果的に取り入れられるよう、植物の種類や置き場所をシミュレーションできるようになっています。

まず、時期・地域・部屋のサイズ・窓の方角など、設置場所の条件を入力します。選んだ条件によって表れる効果が変わってきます。

【画像2】各条件を選ぶだけなので簡単(画像提供:愛媛大学農学部 緑化環境工学研究室)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会